2018年1月18日木曜日

DT SWISS "TRACK HUB"

以前から代理店にリクエストをしていたDT SWISSのトラックハブがついに入荷してきました。
シンプルなハブですが、今の時代逆に珍しく感じるシルバーのカラーリングです。
お客様からオーダーも頂いていたので早速組み上げました。
リムはロードで使用していたZIPPを組み替え。
DTなので軽量に振ると思いきや、アクスルはスチール製でボディもしっかりした造りでした。トラックでの走行はロード以上に横Gがかかるのでハブが変形しにくいのは大事だと思います。

シルバーだからクラシックな印象を持つ方も多いと思いますが、最新のバイクに付けてもワンポイントで良い感じに仕上がってますね。

流通数は多くないので売っている間にゲットして下さい!
ちなみに穴数はフロント20H、リア24Hとカーボンも想定した展開のみとなっています。
9,800円+税

12,400円+税

2018年1月16日火曜日

小雨ぐらいは気にしない。P01の防水キャップSUPER PLAY CAP 

PRAYLDESIGN より防水キャップが入荷しました。


SUPER PLAY CAP 6,500円+税

「workdsys became playdays」のメッセージが "がんばろ" ってなる一見普通のベースボールキャップですが、実はアウターに防水透湿素材 "TORAY COTEX 社製 2レイヤ―" を採用したハイテクキャップなのです。


同デザインのNOSTRESS JACKEとセットアップ。
この組み合わせならちょっとぐらいの雨なら傘が無くてもよさそうです。


裏地には、PLAYDESIGNに親交の深いアーティストephkaによるアートグラフィックをデザイン。



カラーは、合わせやすいBLACKとSOILをご用意しました。

普段使いはもちろん、キャンプなどのアウトドアやフィッシング、ウィンタースポーツのお供におすすめです。

2018年1月15日月曜日

残留確定!関西シクロクロス「みなと堺グリーン広場」

こんばんは、高橋です。
昨日は関西シクロクロスに参加してきました。
今回はムーブメントからも程近い"堺"での開催です。地元だけあって知り合いも多く賑わったレースになりました!

筋肉痛でバキバキですが振り返っていきたいと思います。
C4A、ホリさんとKINFOLKのよっしゃんが同じ組になりました。
ホームパーティーを一緒にするぐらいの仲良しです。
でもレースでは真剣な戦い(?)が繰り広げられます。 
同組にはEThssのジン君も!CORNERのSSCX! 
砂でも乗車率の高いよっしゃんが先行! 
おい!歩いてる場合ちゃうぞホリさん!
乗れてる風、
と見せかけてバランスを崩しただけだった。
ゴール順位70%なのに満足げなホリさん。
このままではC5(仮想)に降格してしまいますよ!(現在C4で0枚)
昨年はホリさんが勝ったこのステージ、今年のホリvsよっしゃんの戦いはよっしゃんの勝利でした(^^)
お次はC4B。娘さんに見守られるミッチー。 
パパがんばれ!

僕「パパ何位になれるかな?」
娘さん「目標は15位以内って言ってた」
僕「15位になれなかったらどうする?」
娘さん「レースはしばらく禁止にする」
僕「・・・。(がんばれミッチー)」

気合でなんとか14位に入ったミッチー、レース禁止は免れました。ホッ
同じくC4Bには大型新人(?)の「ジュニア」がエントリー。

エクタープロトンで新しく作ったプロトタイプのフレームに乗っています。44mmテーパーヘッド、リアスルーアクスル142x12mmのエンド(フラットマウント)のプロトタイプです。

初めて跨るバイク、慣れないシクロクロスという競技に戸惑いつつも46番という後方スタートながら6位のリザルトを獲得しました。
お次はC1のレースを応援、観戦。
写真のネオンイエローのバイクを駆るTKC氏がオンボード映像をyoutubeで公開しています。C1を走っている気分になれるので一見の価値アリ。
C1ともなると観客も多いですね!
C1の後はL1、女子の一番上のカテゴリーです。
前回の希望が丘で優勝して昇格した「ちゃんカナ」のL1デビュー戦。

いきなり上位に食い込むのは難しかったですが、今後の頑張りが楽しみです。
最後は僕のエントリーしているC2です。
連戦していて前方スタートの「サンフジ」と「ゴン」が序盤から攻める!
攻める!!
あの白いジャージにジェットストリームアry
「俺を踏み台にしたぁ!?(してない)」
BOMBTRACKを駆る「カズミチ」も持ち前のパワーを生かしてブイブイ攻めていきます。
持ち前のパワーを生かして勢いよく砂セクションに突っ込んだところ、
タイヤが砂に引っかかって転倒!
からのパンク!
急遽ペダルの会わないGreedyにバイクチェンジ!しかしカズミチはここで戦線を離脱・・・。

ところで僕はというと・・・
後方スタートの中、丁寧に激しいパック内を縫いながらちょっとずつポジションを上げていきました。(写真にオレンジのハブだけ写っている)
垂れてきた「サンフジ」の後方にちらりと写る僕の姿。
この後、追いついて抜いていきました。

パンク離脱の「カズミチ」、垂れた「サンフジ」は捉えた。
残すは「ゴン」のみ!
もうここまで来ると66%の残留圏内には入っていて、とりあえず頭の中にはチーム内バトルの勝利のみ。

砂場で前転をメイクした「ゴン」は冷静を欠いていたようでコース脇から「落ち着いて!」と声援が飛ぶほど。

背中を捉えた僕は「ようやく捉えたで!」と内心ガッツポーズ。
砂で一瞬緩んでいる隙にダッシュフルパワーでゴンを抜く!
この日のゴンはリズムが悪い感じだったので「勝った」と確信した瞬間でした。ドヤ。
51番ゼッケンで最後尾からのスタートでしたが、ゴンを抜いた頃には15番手ぐらいまで上がっていました。

ポジションキープで残留権を死守、という頭が過ぎる中で沿道から「25%行ける!!」と声援がくる。
レース前に一発残留を決めるには12位くらいかなと思っていたのであと数人だと把握していました。

流石にランで頑張りすぎていたので足が攣ってしまい足首が曲がらない。
最終周にシケインに引っかかり転倒して後続に追いつかれ焦る。
砂セクションで数名に抜かれたが、砂が終わったあとの直線で気合マックスでもがく。
最後も付いてきた一人に差されかけるも、なんとか耐えて11位でゴールできました。
ゴールパーセントは23%。なんと堺で1発残留を決めることができました。
最終周はとにかくキツかった中で最後のスプリントの競り合いまであったのでゴール後は死ぬほどキツかったです。汗

それでもC2の堺で66%に入ったのも初で、一発残留になったのも初めてだったので気分よく終えることができました。

レースの後は皆で焼肉へ行き、昇格をお祝いしたり残留を労ってもらったり苦渋を舐めた人は反省したりと楽しい時間を過ごしました。頑張ったレースのあとのご飯は格別でした。
たくさん応援してもらって力になった堺でした。他にもたくさんのドラマがあって紹介しきれませんが、平坦なコースでも面白さには欠かない1日でした。


応援ありがとうございました!

2018年1月13日土曜日

明日14日(日)は関西シクロクロスに参加します。

明日、1/14(日)は関西シクロクロス第8戦「みなと堺グリーン広場」に参加します!

そのためお店は臨時休業となりますので、
ご不便をおかけしますがよろしくお願い致します。
会場は堺市西区の「みなと堺グリーン広場」

ホリさんの出走はC4Bの9時20分、
わたくし高橋の出走はC2の14時50分からとなっています。

レースは8時50分から色々なカテゴリーが行われるので、
どの時間に来てもレースを見ることができます。

最高気温は8度、最低気温は1度の予報です。
例年晴れていても雪がちらついているので、防寒対策をしっかりとしてご来場下さい!
コースの設営の写真を見ていたら今年の砂区間は一癖ありそう?
平坦でも意外と難しいのが堺の面白いところ。

果たしてレースの結果は・・・・(結局練習してない)

2018年1月12日金曜日

BREEZER DOPPLER TEAM 試乗車

BREEZER(ブリーザー)のアドベンチャーバイクには、キビキビ系の"INVERSION(インヴァージョン)シリーズ"、650B×47Cのロードプラスタイヤを搭載した"Doppler(ドップラー)シリーズ"、そしてマウンテンバイクに近いスタイルの"Radar(レーダー)シリーズ"があります。

先日、この3シリーズの特色がわかりやすいオフィシャル動画がアップされていました。
BREEZERの世界観も伝わると思いますので、まずはご覧頂きたいです。


ブランドを立ち上げたジョー・ブリーズ本人がちょいちょい出演しておりましたね(笑)
Dopplerに乗っていたのが商品企画のマークです。彼は試作品を乗りまくってテストを何度も重ねて製品化しているそうです。先日インヴァージョンを購入して楽しんでいるシンゴは、自転車好きが作った自転車なんだなぁと乗ってて分ると。

さてこの度、そんなマークが乗ってたDopplerシリーズの最上級モデルDOPPLER TEAMの試乗車を代理店さんかお借りする事ができました。


DOPPLER TEAM 完成車258,000円(税別)


一番の特徴は650Bx47Cのロードプラスタイヤが標準装備されているところです。
700x28cとほぼ同じ外径で転がりも良く、エアボリュームが倍近くあるので乗り心地とグリップ感、走破性に長けております。アッセンブルされているタイヤWTBのHorizonとリムはチューブレスレディなのでチューブレス化すると軽くなり、よりエアボリュームも増えてもっと気持ちよくなりそうです。


また、ロードプラス規格でアイレット付きカーボンフォークがアッセンブルされた完成車も少ない中、DOPPLER TEAMの存在はありがたい。



11-32Tのワイドレシオスプロケットと48/32Tのマイクロコンパクトクランクで、荷物を積んだ坂道でも登れそうです。


シマノ、油圧アルテグラをメインコンポとして搭載しおりコストパフォーマンスにも優れております。


色々書きましたが、とにかく試乗車がございますので是非、見て、乗って体感して下さい。
期間は、1月20日(日)までとなっております。

2018年1月11日木曜日

パンク初め

先日の通勤途中・・・
何か踏んだかな?と思ったあとに、ホイールの回転にあわせてカツ、カツと地面に金属が当たるような音が。
もしやと思って止まり、後ろのホイールを見てみると・・・
ガッツリと釘が刺さっているではありませんか。



抜いてみようと試みるも中々抜けない・・・。

過去にネジが刺さってドライバーで外した経験もありますが、この長い釘は最長記録です。笑
すごい長さでした。
普段あまりパンクはしないのですが、たまにする時に限って笑ってしまうようなパンクだったりします。

ちなみにタイヤはまだ300キロも走っていないWTBのExposure。
1本9,800円(税別)。私は泣いた。
落ち込んでいても仕方ないので、タイヤの裏にパッチを張って修理をしました。
クリンチャーでチューブを入れて使用していましたが、これを機にチューブレス化もして修理完了です。

exposureはTCS(Tubeless Compatible System)というチューブレスレディタイヤなのでシーラントを入れれば簡単にチューブレス化ができるのです。

ちょうどチューブレスにしようか迷っていたのでタイミング的に「変えてしまえ!」と言われたようでした。笑