2017年12月12日火曜日

SAUCE CYCLE - GREEDY 650B

SAUCE CYCLE "GREEDY"を納車しました。

シングルスピード、シクロクロス、グラベルロード、アドベンチャーバイク、あらゆる姿に変化する欲張り自転車"GREEDY"
今回は、還暦を期に自転車を購入し自転車旅にハマッたオーナー様が、2台目の旅する自転車として選んで頂きました。

テーマは、"L.L.Beanの社長が乗ってそうな自転車"
あと、パーツはシルバーでというリクエストでした。

予算の都合もあったので、絶対に譲れないパーツを伺い、削れるとことは削る作戦です。
試行錯誤しながら完成しました。

リムはグランボアのパピヨンに、タイヤは同じくグランボアのリエール 650×36Bを合わせました。
長時間乗る事と、多少の荒地も走る事ができる様にエアボリュームを確保したかった訳です。
GREEDYは700x40cまで対応ですが、オーナー様が小柄なため650Bのホイールでご提案させて頂きました。(700x40cの方が外径が大きくなるので)


フロントハブはダイナモで。

合わせるライトは、安定のSCHMIDT(シュミット)のエデュルクス II
パニアOKなタフなキャリア "NITTO rivendell big back rack 32R" こちらは、オーナー様のこだわりのアイテム。

フロントバッグは以前より愛用してた "SWIFT INDUSTRIES paloma handlebar bag" 
バッグマウントが、RIXEN & KAUL社のKlickflxアタッチメントなので、各自転車につけておけば、使う自転車にポン付けでフロントバッグを付け替える事ができます。

ライトが納車日までに間に合わなかったのですが、先日ライトを取り付けて完成形になりました。
サドルも馴染んで良い感じになってきましたね。

ありがとうございました!

このタイミングですが、SAUCE CYCLE "GREEDY" の価格改定のお知らせです。
今まで、フレーム/フォーク 198,000円(税込)で販売させて頂いておりましたが、来年1月より、CHRISKINGのヘッドセット付属で250,000円(税別)とさせて頂きます。

"GREEDY"は、フレームビルダー"ソウカワ氏"が1人で時間をかけて1本1本丁寧に製作しております。

フォークも既製品を利用せず製作しており、GREEDY特有の豊富なアイレット、タイヤクリアランス確保のための曲げ加工、また、丁寧に磨きあげられたフレームはペイントしなくても美しく、製造工程の多いフレームです。

何卒ご理解、ご了承頂ますようお願い申し上げます。

今年も残り僅かですが、今月中のオーダーまで 198,000円(税込)で承り致しますのでよろしくお願い致します。

2017年12月11日月曜日

新年ライドのご案内

8位の父・正則と抱き合って勝利を噛みしめる小坂光 cyclowiredより
こんばんは、高橋です。12月になって街が少し賑やかになってきましたね。
この週末はシクロクロスの全日本選手権(日本一を決める大会)があってレース界隈はその新しいチャンピオンの誕生に胸が熱くなるのでした。直接会場で見たかった・・・!

その一方、大阪で店を営業した甲斐もあって寒い時期ですがお客さんから自転車のご注文も頂けて感謝感謝です。納期の問題で来年になってしまう車体もありますが、ご用意できるものは皆さんが「自分へのクリスマスプレゼント」に間に合うように準備してお渡しできたらいいなと思います。

まだ時間はありますので、ぜひ沢山の方に自分へのご褒美を買いに来て頂けたら嬉しいです。笑
僕もクリスマスの直前にごにょごにょ・・・という感じで久しぶりにクリスマス前のワクワク感を味わっています。子供の頃にクリスマス時期に合わせて発売されるゲームがとても待ち遠しかった記憶が蘇ってきました。

* * *
年末の営業は12/29(金)~1/3(水)を年末年始休業とさせて頂きます。

12月の休み
13日(水)定休日
20日(水)定休日
23日(土)臨時休業

年内最後の水曜日の27日は定休日ですが営業させて頂きます。
(もしかして年末まであと3回しか休みがない??笑)
年明けの営業は1/4(木)からを予定しております。
その後、今年もやってみたような感じで1/6(土)は新年ライドをやろうかな~と考えております。詳しくは決めていないので、参加者に合わせて内容を決めていく所存です。
とりあえず1/6のAM10:00頃からスタートで、ということだけ決めておきたいと思います。

エントリーという程ではございませんが、参加希望の方は下記リンクからポチっとお願いします!リクエストなどもあれば参加フォームのコメント欄にどうぞ。
<<参加フォーム>>

2017年12月10日日曜日

ibex(アイベックス)

メリノウールは肌触りが良く、"汗冷えしにくい" "汗臭くなりにくい" などの特徴があり、昔から下着などにも使われるアウトドアシーンには欠かせない素材です。
そんなメリノウールを愛し高品質な製品をリリースするブランド "ibex(アイベックス)"より、ベースレイヤーとビーニーが入荷しました。


ibex (アイベックス) メルハット 4,000円+税


ベンチレーションの多い自転車用ヘルメットは通気性が良く夏は涼ししいですが、その代償に冬は寒いです。
ibex メルハットは、ソフトな肌触りで温かくヘルメットの下に被ることができます。21ミクロンヘビーウェイトストレッチウールポンテで作られており、しっかりした生地感ですが必要の無い時には折りたためばコンパクトになります。また、耳まで覆うことができるので冬ライドに欠かせなくなりそうです。

■サイズ:ワンサイズ
■素材:ヘビーウェイトストレッチポンテニット370g/m2
■素材詳細:21ミクロン メリノウール89%、ナイロン7%、スパンデックス4%
■フィットスタイル:フォームフィット
■洗濯方法:洗濯機洗い可能
●特徴1:4パネル構造
●特徴2:フラットロックシーム
●特徴3:ヘルメットの下にも快適にフィットします




ibex アイベックス Ms Woolies 1 Crew ナイロンコアモデル 11,300円+税


ibex アイベックス Ms ウーリーズ1クルー ナイロンコアモデルはナイロンコアにウールを包んだ新しいウールブレンド素材を使用した定番のロングスリーブベースレイヤーです。

超定番ベースレイヤーの100%ウールのWoolies 1 Crewと肌触りも殆ど変わらず、耐久性をプラスさせた言わばアップデート版になります。

ウーリーズ1はライトウェイトのベースレイヤーで、程よい温かさと通気性で使える期間が長く使いやすいモデルとなっております。アウトドアシーンからタウンユースまで幅広い用途でお使いいただけます。


特筆すべきは、体にフィットするのに窮屈感が無く着ている感覚さえ忘れてしまいそうになるほどストレスフリーな着心地な事。ラグランなので、バックパックを背負った時も縫い目が当たりません。

■素材:ウーリーズ1 コアラップ
■ウールゲージ:18.5ミクロン
■生地グラムウェイト:175g/m2
■ガーメントウェイト:8.38oz
■生地組成:メリノウール86%、ナイロン14%
■フィットスタイル:フォームフィット
■洗濯方法:洗濯機洗い可能

メリノウールの良さを実感しやすいベースレイヤーからはじめてみてはいかがでしょうか?

2017年12月9日土曜日

BREEZER "RADAR EXPERT" 試乗車 12月19日まで

2018年注目の「BREEZER Bikes」の"レーダー エキスパート"の試乗車が急遽やってきました。
サイズはSサイズの480mm、シートチューブは短めですが全体的に大きい車体なので170~180cm程度の方に合いそうなサイズ感です。
シートが短くトップが長い特殊なサイズ感ですので、ぜひとも実際に跨ってサイズ感を確かめて頂きたいと思います。

それではチェックしてきましょう!
BREEZER "RADAR EXPERT"
カラー:Matte Green / Hunter Orange
サイズ:45cm、48cm、51cm、54cm
価格:125,000円+税

【"Joe Breeze"からのバイク紹介】
Radarは世界中の多くの未舗装道も含めて、旅することに適したアドベンチャーバイクだ。
クイックリリースホイールを採用しているが、20年以上も前から流通している135mmのディスクブレーキハブがどこでも入手しやすく選択範囲も広いというのがその理由。
BB下がりが75mmと低く、チェーンステイ長は458mmと長めに取られており、低重心で直進安定性が高い。パニアを付けるクリアランスも十分にあり、たくさん荷物を積載した際の走行安定性が高いのもポイント。
タイヤは純正では"700x45C"のWTB RIDDLERを採用しています。
タイヤが太ければ太いほど荷物を積載した時の安定感が高く、乗り心地もよくなります。
タイヤクリアランスは最大2.1インチのオフロードタイヤが装着可能です。
29インチを履かす"モンスタークロス"的な使い方もできそうです。
フロントフォークは安定感があって扱いやすいクロモリフォーク。
両サイドにボトルケージ台座、フォーク先端にもダボ穴が用意されています。
ブレーキマウントは調整しやすく、汎用性も高いISマウント。
ダウンチューブ下にもボトルケージ台座。
フォーク2箇所、ダウンチューブ、シートチューブ、ダウンチューブ下。
合計5箇所もの台座を用意しているので自分の好きなようにアッセンブルできます。
フロントは48x32というダブルギア。このバイクのスピード域にマッチした平坦から坂でも使いやすい組み合わせだと思います。
リアは11-36Tのワイドレシオ。一番軽いギア比が1を割っているので荷物を積んだ急坂もクリアできるでしょう。

RDにマウンテン用のDEOREを採用しているのでチェーンテンションも高く、荒地やオフロードでのチェーントラブルは少ないと思います。
ハンドルは"ハの字"型のドロップハンドル。長いヘッドチューブと合わせてコクピット周りの荷物の積載量を確保していますね。

、、、。
ここまでは通常目線な紹介でした。
ここからは個人的なちょっとマニアック(?)な目線で気になった部分をピックアップします。
チェーンステイにダボ穴があって、とても珍しい位置だったので何に使うのか分かりませんでした。
BREEZERのコミューター"DOWNTOWN"というバイクを見てみたらチェーンケースを付けてありました。非常に珍しい取り付け方法ですね。
フロントがダブルのうちは出番が無さそうですが、1xのギアに替えた時にはやってみても面白そうです。
自転車も消耗品なので、ハードな使用でフレームが割れてしまうということも時にはあります。素人目には溶接部分が一番折れやすいと思われることが多いのですが、実際にはダウンチューブチューブの付け根付近が割れたりクラックが入ったものをよく見ます。

この部分のガゼット補強によって、荷物を積載したハードな使用や日常の足としての使用をしていても長持ちしてくれるんだろうなぁという印象を受けます。
ケーブルの取り回しを考えてかクリップは下側に。

こういった細部まで意図が伝わってくるようなバイクはすごく良いですね。
自転車大好きなんだろうなと感じます。笑 
 "クランカーズ"の一人、ジョー・ブリーズ氏によるブランド「BREEZER(ブリーザー)」。

"1977年にブリーザーを始めて以降、自分が考えうる一番優れた自転車を提供することがゴールだった。
自転車はこの世に多くをもたらす乗り物だ。
それは与えるエネルギーを何十倍にして返してくれる、人々にとって最も効率的な移動手段である。
新しく、素晴らしいバイクを作る上で、少ないペダル入力で最大の動力を導き出すことが一番重要である。"

カスタム次第ではありますが、このRADAR EXPERTは完成車重量12.8kgと決して軽いバイクではありません。
しかし、実際に乗ってみた時の軽快感はその重量を感じさせないような走りがありました。
そこにジョー・ブリーズが40年ものあいだ培ってきた経験が詰まっているような気がしました。

短い期間ですが、12月19日までご試乗可能ですので是非どうぞ!

2017年12月8日金曜日

Cielo by CHRISKING -SPORTIF RACER-

目の前にあって当たり前な日常は気が付けばなくなっているものです。
今日は高校時代の先生がガンで亡くなってしまったとの報せが入りました。応援していたアーティストが活動休止してしまったり、好きだったラーメン屋がなくなってしまったり、規模や対象は関係なく終わりが来ます。

そして今年僕らのお店にとって一番残念だったのが「CIELO」のバイクが生産されなくなってしまったことだったように思います。

2011年のオープン当初から取り扱いを始めたシエロ。そしてクリスキング。

バイシクルスタジオムーブメントの歩みは常にそれらと一緒にあったように思います。
グルメセンチュリー足助。
クリスキング テクニカルサービスツアー in Japan。

自転車に対する情熱、メンテナンスへの理解、サイクリングを楽しむということ。
それらを彼らが作る製品を通してたくさん学ばせてもらったように思います。

CHRISKING製のスチールフレーム「CIELO」。
生産されなくなってしまって数ヶ月経ちましたが、新しい入荷はなくただ旅立っていくばかりのフレームに惜しさを感じながらストックフレームを紹介したいと思います。








Cielo by CHRISKING "Sportif Racer"
frame set 228,000円+税
フレームサイズ:52cm (C-C)
トップチューブ長:535mm (C-C)

ムーブメントでも一番人気のあった「スポルティーフ レーサー」です。
軽量なチューブを使った軽快感のある走り。ロードバイクとしての美しさを細部までこだわり抜いた仕上がり。

"あの時買っておくべきだった"と後悔する前にいかがでしょうか。

2017年12月7日木曜日

MOVEMENT SALEと年末年始の営業のご案内

いよいよ12月に入り、今年も残り僅かとなって参りました。
少し遅くなりましたが、SALEと12月の営業案内をお知らせ致します。


今年のうちに、少し店内を整理したいのでSALEをしたいと思います。





全品ではございませんが、10~50%OFFとなっております。


写真は一部です。是非ご来店いただきまして色々ディグって下さい。


12月の休み
13日(水)定休日
20日(水)定休日
23日(土)臨時休業

年内は、27日(水)は定休日ですが営業させて頂きまして28日(木)まで営業いたします。

12/29(金)~1/3(水)を年末年始休業とさせて頂きます。

2017年12月2日土曜日

MONK BICYCLE

ドイツのハルツ山地のふもとにある"MONK BICYCLE" 

その環境で毎日テストし開発された"モンクバイシクル"の提案する "ドロップバー・マウンテンバイク" フレームは様々な地形や用途に最適になっております。
ブランドコンセプト通りに組んでもいいし、フラットバーでもいいし、エアボリュームのあるスリックタイヤを履かせてツーリング仕様にしてもいいし、妄想が膨らむフレームです。
どれぐらいのツーリングかにもよると思いますが、荷物をしっかり積むのであればタイヤが太い方が安定感があって使いやすいものです。
スピードを求めることがなければ、この「モンスタークロス」というスタイルはとてもリアリティのある選択だと思います。
 ちなみにMONK BICYCLEはドイツで「GEVENALLE」の代理店をやっているそうです。







 




MONK BICYCLE 「A bike to ease my mind」より。

店頭ではこちらと同じカラーのフレームが1本ございます。

フレーム、フォークセット
サイズ:S (26インチ wheels) ※適応身長167-174cm
価格:198,000円+税

通常のマウンテンバイクタイヤ用に作られていて、前に2.4インチ、後に2.3インチのタイヤの装着が可能です。さらに泥除けのためのスペースがあります。

27.5インチのホイールも取り付けができます。その場合は泥除けのクリアランスはありません。
タイヤのクリアランスは、27.5インチのホイールを使用する場合はフロントで2.25インチ、リアで2.1インチとなっています。

* * *

ドロップバー・マウンテン、別称でいうところのモンスタークロス。
2018年の新車候補に加えてみてはいかがでしょうか?