2011年12月23日金曜日

回転することを強いられているんだ

人智の生み出した恐ろしく効率の良い乗り物
「自転車」
全ての自転車はベアリングに支えられて進む。

タイトルはベアリング目線でつけてみました。笑
ENDURO ZERO CERAMIC

ベアリングってなに?どういうこと?
という方には店頭で説明させていただきます(^-^)

自転車の車輪が回るのはベアリングのおかげ。
見えないところで支えている、
裏方でありながら実はかーなーり大切な仕事を担ってくれています。
ノーマル状態のベアリング

まず耐久性を求めるならステンレス球のベアリングです。
精度が高いものも多く存在しています。

しかし、速さや楽さを求める人は別のものを欲しがるのです。
それがセラミックベアリング。

ステンレス球に比べ硬いセラミック球は、
荷重がかかったときの回転を非常に軽いものにします。
その代償に、消耗も早かったりします。

***
ベアリングに求められるもの、一番は精度。
汚れやゴミには非常に弱いものなんです。
半年以上メンテナンスを放置されたホイール(^^;)
開けてみましょう。

ゲロゲロ。
いつベアリングがダメになってもおかしくない状態。

グリスも切れて、余計に消耗しやすくなっています。
分解して全部のパーツをキレイにしていきます。
硬くなって乾いた古いグリスも落とします。

キレイになりました
(^-^)/

こっちも見違えるほどキレイになりました。

あとはグリスアップを施して、もとに組み付けしていきます。
これでまた軽快に走ってくれること間違いなし。

自転車はベアリングこそメンテナンスが必要です。
ベアリングの無い自転車を僕は知りません。

でも、ブログで「これをこうしろ!」っていうのは難しかったりします。
ベアリングには種類や色々なサイズがあるので、
お店でも実物を確認するまで的確なアドバイスはできません。

劇的に回転が良くなる場合もあれば、あまり変わらない場合もあります。
そこはベアリングではなくハブ側の精度の問題だったり・・・。

大切な自転車は長く使いたい。
使い捨てにしたくない人にはベアリングのメンテナンスが大切です。

年末年始でも、お気軽にご相談下さい(^^)
年末は27日まで、年始は5日からの営業です。

0 件のコメント:

コメントを投稿