2011年11月30日水曜日

第3回食べライド報告


シンゴ氏企画の食べライド。
今回は温泉つき!

温泉なので特に人数制限は設けませんでしたが、今回は13名の参加でした。

集合すると自然にはじまる自転車談義


安全運転で約45分のライド。



そして到着!ここが蔵前温泉「さらさのゆ」!



食事もする事ができて、メニューも豊富でボリューミー!
自転車乗りはよく食べるので助かります!
ハラペコ状態だったので、お風呂の前に腹ごしらえ。










みんないい顔してますね!

大勢でご飯を食べると美味しい!
大勢でお風呂に入ると楽しい!

男性陣は塩ミストサウナでキャピキャピはしゃいでおりました(笑)
そして女性陣より長風呂と言う結果。

当日はそんなに寒く無かったですが温泉は気持ちよかったです!
堪能しすぎました(汗)

このまま寝たい気分でしたが家に着くまでが食べライド。
気を引き締めて帰宅!

次回は少し近くですが本町の予定です。
またブログで告知しますので参加お待ちしておりまーす!

2011年11月28日月曜日

電動シフト

シマノ、DURA-ACE Di2。
続いてULTEGRAが電動化され、販売が始まっています。
そして、カンパニョーロも電動コンポーネントを発表しました。

電動シフトの流れが大きくなっています。

変速を電動化するメリット、デメリットとはなんだろうか。
ちょっとした試乗程度では体感できない「楽(らく)さ」
それは長時間、長距離乗るほどに差がでるかもしれません。

ボタン1つで変速が完了してしまう。
一度調整さえ完璧に行ってしまえば、あとは基本的にメンテナンスフリー。
ワイヤーの伸びもありません。

外装変速は、21世紀になってもいまだ原始的だと感じます。
チェーンを無理やりスライドさせて、異なるギアに掛ける。

電動コンポーネントはモーターによるハイパワーで、
素早く、そして大きな力も使うこと無く変速をしてくれます。

そのモーターにはチェーンを曲げてしまうだけのパワーがあるため、
やはり何も考えずに乗っては自転車を壊してしまう。
車、バイク、自転車。
どんなに乗り物が進化しても、何も考えずに乗ることはできません。

身体だけを使うと思われがちな自転車ですが、
頭も活用しないといけないのは車もバイクも一緒ですね。
シマノが作る、まるでガンダムのような変速機。
好みは分かれるところですが、僕はクロモリフレームにこそ似合うなぁと思います。

ゴツイ分だけちょっと重いのはご愛嬌。

ちょっと重いのはご愛嬌。
どこかで聞いた事があるような、何かにも当てはまるようなフレーズ。
そうそう、それがクロモリフレーム。

もちろんレースで使う事に異論はありません。僕も使いたいです。
でも何故かカーボンフレームにつけてもワクワク感が足りない。
クロモリフレームは過去の自転車と思われがちですが、
現在進行形で今なお造られ続けている。
それも、日本人が、1本1本手作りで。

クロモリフレームの使い方を考えれば電動シフトは利害が一致する。
見た目の好みはあれど、僕は選択肢として間違ってるとは思わない。

自転車は「自分が良いと感じたもの」が一番良い。
十人十色。

自転車屋にいると、本当にいろんな考えがあって面白いと思います。
よかったら、僕にその考えを教えて下さい。
お店でお待ちしております(^^)

* * *

明日は定休日のため終日休業となります。
ご不便をおかけしますがご了承下さい。
急用がある方は@MovementCycleまでご連絡下さい。

雨の予報が出ていましたが、晴れそうなので温泉食べライドも実施します!
それでは、また明日お会いしましょう!

2011年11月27日日曜日

レストア、塗装など。



本日レストアが完了した自転車です。

少し前の時代の自転車もレストアできます。
思い入れのある相棒を手放す前にご相談下さい。

当時のパーツが無い場合も、現行モノでも雰囲気があるパーツもあるんですよ。

再塗装をすれば見違えます!






少し話しがズレますがモノを大切にするというよりも、
大切にしたい一生付き合えるモノを見つける事が大事なのかな?
と思った今日この頃です・・・。


2011年11月26日土曜日

タイヤを交換しましょう。

いま使っているタイヤはどのくらい使用していますか?
1000km?2000km?
2000km走ったら交換を推奨します。

では、1年間に2000kmしか走らない場合は、年1回の交換でいいのでしょうか。
年に1000kmしか走らないのなら、2年に1回でいいのでしょうか。

距離での消耗以外にも、紫外線や湿度の変化といった影響を受けます。
タイヤはゴムでできています。
ゴムをベランダに放置していたらどうなると思いますか?
ひび割れたり、ゴムがカチカチになってしまいます。

ゴムが劣化してしまうと、パンクしやすかったりグリップが悪くなってしまうのです。

寒くなって自転車に乗る機会が減ったいまのうち。
タイヤを替えてみるのもいいでしょう!

~太いタイヤのススメ~
(ロード、クロスバイク、ピスト向け)

Vittoria ランドナー(25C or 28C)
2,800yen

ピスト乗りの必需品。
重いですが、この耐久性はハンパない!!
タイヤの溝が尖った方が進行方向です。

Vittoria ザフィーロII (23C or 25C or 28C)
2,200yen(23C) 2,400yen(25C,28C)

同じくヴィットリアの定番、ザフィーロです。
走りの軽い23Cから乗り心地の良くなる28Cまでラインナップ。
ランドナーと比べて結構軽い!
その分寿命は短めです。
自分がどんな性能を求めるかで選ぶといいでしょう(^^)

CONTINENTAL ウルトラスポーツ(23c or 25c or 28c)
2,500yen

ドイツのコンチネンタル社のエントリータイヤ。
このウルトラスポーツはロードバイク&クロスバイクにオススメです。
価格以上のクオリティ。
グリップ力はそこそこですが、コスト以上の軽さが際立ちます。
25cや28cを入れると乗り心地が非常に良い!

CONTINENTAL CityコンタクトREFLEX (32C)
3,570yen

安全重視のクロスバイクにしたい場合は、リフレクタータイプが良いですね。
ちょっと太めの32Cで乗り心地もよく、
コンチネンタル特有の軽快感もそのままです♪

***
全部ブラックカラーのタイヤですいません(^-^;)
それには理由があるのです。
直接聞いてもらってもいいです。気が向いたらまたブログ書きます。笑

ボクの一押しはコンチネンタルとシュワルベ。
どちらもドイツのメーカーですが、
対極的なタイヤを作っているので面白いです。

ミシュラン、ヴェロフレックス、チャレンジ等々、まだまだ良いタイヤが沢山。。。

大阪に来て、もうすぐで半年が経ちます。
大阪の道路はガタガタしてるところが多い気がします。
ましてや年末の工事ラッシュ(-.-;)

冬は速く走るより、ゆっくり長く乗りたい。
そんな走り方なら、ちょっと太いタイヤを履かせてみるといいのでは。
ヒントはチョイ太。
ご相談お待ちしております。

タイヤのご提案でした。

2011年11月25日金曜日

第3回食べライドのご案内

ひじょ~~~に寒い季節になってきました。
寒いのが苦手なボクとホリ氏。

堺浜の夜走行会は11月で一旦終了します。
たくさんの方に参加いただいてとても楽しかったです!

堺浜と違って食べライドではサイクリングでご飯を食べにいきます。
食べライドは継続して夜!

第3回目は温泉。
入りましょう!

混浴ではないのでカップルさんには申し訳ないですが、
みんなでポカポカ、暖まりにいきましょう。

温泉に入って温まったあとはおいしいご飯を食べましょう。
帰りの寒さは目をつぶってやりすごして・・・。

*日付:11月29日(火) *
時間:20時30分出発予定
集合場所:ムーブメント(20時~)

*内容*
目的地は堺市にあるとある温泉です。
MOVEMENTから45分ぐらいのライドです。

*参加条件*
・ブレーキのついた自転車
・ライトが点灯する自転車(前後)
・整備された自転車
・安全走行の意識を持って走れる方

*オススメ事項*
走りやすい格好での参加がオススメです。
行き、帰り非常に寒いことが予想されます。
とにかく暖かい格好で走りましょう。
ヘルメットまで装着できたら完璧です!!

*その他*
お酒は飲みません。
走行会後は現地解散を予定しています。
もし道がわからない方には途中までお送りするので、一言下さい。
雨天の場合は中止です。
駐輪するためカギはお忘れなく。

「シンプル」にカスタム


とにかく「シンプルに」をコンセプトに少しずつカスタムしてきました。

まだまだ完成形ではないとの事ですが、
ツボをおさえたセンスの良いパーツチョイスと「こだわり」をご紹介。



セライタリア フライト1990Ti
&
THOMSON ELITE SEATPOST
なんでこんなに引き締まるのでしょうか。


同じくTHOMSON Elite X2 Stem


フレームにワイヤーがに干渉しないように
ACB-21201 OSHARE ドーナツをつけて。
ドレスアップ効果も!


ペダルはTIOGA スパイダー


ブラックにこだわったリアホイール
ハブ:Shimano105 ブラック
リム:H PLUS SON SUPER LITE 700c ブラック
スポーク:HOSHI 15# ブラック
ニップル:DTのアルミ ブラック


そして今回のカスタムの目玉、ハンドル周り。

PAULのLOVE LEVERに
ハンドル周りをスッキリさせるためにラピッドファイヤーを
PAUL THUMBIESをつかってバーコンをサムシフターに変換!


ラピッドファイヤーの方が楽じゃん!
とおっしゃる方もいるかもしれませんが
今回のコンセプトは「シンプル」
これでスッキリしました!

ほんとに自転車ってキリが無いですね(笑)

イメージやしたいことがあれば何でもご相談下さい。
きっと良いアドバイスができると思います。
お客様と一緒にカスタムすることは僕たちも楽しいです。

2011年11月24日木曜日

サイクルモード vol.FINAL

ついに最後の大ボスを出す時が来てしまったようです・・・。

GIRO

※今回も写真多すぎ注意です(^^;)
どこかで見たことあるシューズ。
おそらく、以前のブログです。

ヘルメットで有名なブランドなので、あえてヘルメットには触れません。
ヘルメットからサングラス、グローブなどなど発展してきました。

2012年からついにシューズも販売されます。

「ヘルメットメーカーなのにシューズってどうなの?」

実物を見て、試着してみた結果・・・。
想像以上の完成度でした。

まずはコレを見よ!
くるっ
見たことあるロゴ、そしてカーボンの質感。
まぎれもなくEASTONのものです。

さらに、トップルグレードであるこの「PROLIGHT SLX」
EASTONカーボンの中でも最も軽く硬いEC90SLX。

持って驚きの軽さ。
片足200g?ハッキリと覚えていませんが驚異的な軽さです。

それもそのハズ。
クリートを取り付けるネジ受け部分までチタン合金で作られています。
あとはシューズを締めるストラップ部分の金具もチタンでした。
軽さを求めるために、締め付けもバックルではなくストラップ。

その軽さはペダリングの軽さにも直結すること間違いないでしょう。

細身のルックスで、最初は足にあわないのでは?と思いました。
僕自身、幅広で甲薄という足型をしています。
ずっとイタリアのDMTを愛用しており、
今はSIDIを使ってイマイチしっくりきていませんでした。
(SIDIではちょっと幅が狭く感じるため。MEGAでは緩すぎて・・。)

こいつの履き心地はパーフェクトでした。

「PROLIGHT SLX」
36,750yen

「FACTOR」
34,650yen

2番手はファクターというモデル。
これは締め付けにバックルを仕様しているモデルです。

ファクターのソールはEC90。SLXではありません。
ソールの硬さの違いがどれだけ異なるかは未知数です。

価格の違いはクリートのネジ受け部分等がチタンではないことが筆頭でしょうか。
強い締め付けが欲しい人にはオススメです。

実は一番最初に狙ってたモデルです。
でも、僕にはPROLIGHTがあまりにも魅力的過ぎて・・・(^^;;)悩みます

「TRANS」
23,625yen

「TRANS HV」
23,625yen

クラシックなスタイリングがカッコイイのがトランズです。
EC90を採用する上位2モデルはカーボンソールも硬めなので、ちょっと競技向け。
硬すぎるソールは足への負担も大きいのです。

HVの方はハイボリュームの略。
より甲高の方へのフィット感の高いモデルになっています。
トランズはEC70というちょっとしなやかさのあるカーボンを採用しています。

カーボンソールにしたい!でもレースまではちょっと。。
そんな方にも合うシューズではないでしょうか。

「AMBIENT2」
6,090yen

寒さを感じさせない冬用グローブです。
防水、防風仕様になっているため、極寒時に大活躍します。

特に手先の冷えは自転車乗りにとって天敵。
とにかく暖かさが欲しい時に使いましょう!
クッション性もそこそこ。
人差し指と中指の部分はブレーキレバーが滑りにくいようシリコングリップに。

せっかく買った僕のアビエントはどこだ?既に片方見つかりません(^^;;;;)


なんだかキャップもシャレオツ過ぎて困ります。
「CLASSIC COTTON CAP」
1,995yen

「CLASSIC RACER SOCKS」
1,890yen

耐久性などはDefeetに劣りますが、そろえるならソックスも(^^)

長くなってしまいましたが、少しでもGIROの良い所が伝わっていれば嬉しいです。
GIROのビンディングシューズ試着会も思案中!
日程が決まったらお知らせします!こうご期待!