2012年11月30日金曜日

緊急連絡!!

明日ムーブメントへご来店を予定していたみなさま、
大変申し訳ございません!

明日は内密に、かつギリギリに予定を入れ込んだエンデューロイベントへ参加します。
そのためムーブメントは臨時休業を頂きますので、
ご迷惑をおかけしますが、どうぞよろしくお願いしますm(__)m

関係ないですがカンパのチェーンリングボルト。
こんなアイテムも隠れているのがムーブメント。
欲しい人も結構いるのでは?

* * *

それでは、今年最後のロードイベント楽しんで参ります!

どんな自転車でもパンクします。

ママチャリ、ロードバイク、マウンテンバイク、ピスト、
他にも自転車はありますが
あらゆる自転車には"パンク"がつきまといます。

一部にはパンクしないゴムの塊チューブが存在していますが、
重く、乗り心地も悪いので普及には到ってません。

パンクリスクを最大限減らしてくれる魔法のアイテム。
それがNOTUBES。
NOTUBES TIRE SEALANT
1本 630yen

タイヤシーラントを使うとどうなるか。
これだけ画鋲を刺してもへっちゃらだったりします。

ロード用タイヤであれば1本で前後、
マウンテンタイヤであれば片側1本ぐらいの目安でご利用下さい。

ガラスや小石、突き刺さりパンクに対して抜群に強くなります!!

NOTUBES CORE REMOVER
1個 945yen

シーラント剤をインストールするにはコレが便利です。
バルブの先端に被せて、ネジを緩めます。
左に回すと緩み、右に回すと締まります。

外れるとこんな感じ。
外れないバルブもあるので要チェックです。

あとはここから、ちゅーっと注入。
バルブを付け直したら完成です!

これで不安なパンクリスクを減らすことができます。
しかしながら万能というわけではなく、
若干ではありますが重量増もあります。

半年~1年ほど経過してくると、内部で乾燥してしまうため
タイヤの交換目安にしてください。

そして、NOTUBESといえばコレや!
STAN'S ALPHA 340 and ALPHA 400
各1本 12,600yen

ホール数の多さもさることながら、非常に優秀なリムです。
単純に重量が違うのですが、
リムの構造が少し異なっております。

イメージとしては軽量でしなやかな340、
そこそこの重量でしっかりとした400といったところでしょうか。

でも評価は他メーカーとは次元が違います。
alpha340の重量が392g、alpha400で重量415gとなっています。
(恐らく340は強度確保のためにちょっと重くなりましたね。)

クリンチャーリムとして頭ひとつ軽いリムです。
そして軽量だからといって、新型は強度や剛性も損なっていない。

クリンチャー?ん?
メーカーがNOTUBESなのにクリンチャーとは可笑しな話。
もちろんチューブレス用のリムになっています。
クリンチャー(WO)としても使えます。

軽量リムとして、チューブレスリムとして、完成度の高い1本。
これを例のイベントの秘密兵器として組みたい・・・。
そう、ピストの。

バンクで走りを軽くするために空気圧を140psi以上入れてる姿も見ます。
そんなことしなくても軽やかに転がってくれるのがチューブレス。
さて、実際にやったら効果はどうなんでしょう。

2012年11月29日木曜日

冬物キャップあれこれ。

我らのアーバンサイクルウェアブランド「SWRVE」より、
あったかサイクルキャップが入荷。

まずはこちら。


SWRVE regular wool belgian cap 5670円
先日紹介したwool zip-up sweaterと同じウールの耳あて付きキャップ。



SWRVE windstopper belgian cap 4410円
こちらは、防風素材と言えばのwindstopper®仕様の耳あて付きキャップ。
この季節の耳あては嬉しい!


SWRVE lightweight merino belgian cap 6300円
薄手ですがメリノウール100%で暖かく、肌触りがよく
汗もすぐ乾くので通年使えるので、一番使いやすいかも!


LA発のSWRVEに対して、日本のアーバンサイクルブランドといえばCCP。

2009年からの展開でファンも多いバーナクルキャップ 6300円
今期はグラデーションで染付けをした毛糸を使って編みました。
こちらも、先日紹介したレッグウォーマーとおそろいです。
耳まで被せれられるのが嬉しい、ヘアバンドの様にトップは開いているので熱を逃がします。

どれも、冬の自転車ライド&オサレにも一役かいそうな逸品です!



2012年11月28日水曜日

「秋ヶ瀬の森バイクロア2」走らない編

走る編に続きまして、本日は走らない編。

多分、来年のバイクロアは参加者倍増するんではないかというぐらい、
それぐらい面白かったイベントでした。
大阪-東京の長い旅路においしいスナックはつきものです。
こちらは堀さんの食べていた浜松餃子。
うまそうです。

ついでに浜名湖で記念撮影。

そのあと東京へ無事到着し、僕は実家へ。
堀さんたちは埼玉の町まで去ってゆきました。

そして日曜の当日。
サンライズサイクルの高井さんが早速お出迎え。(たまたま会っただけ)
ヘンテコバイクで買出しにへGO!!
(何がヘンテコかといいますと、
既製品のフレームを自らの手腕でロングテールに改造してしまうあたりがすごい。)

Sunrisecyclesのブースにはサンライズ乗りが集まっていました。

くっそカッコイイぜ。

そしてコレ!
650Bのエロモンキー。
これには食いつく人たちがたくさん。

これに負けないカッコイイバイクをオーダーするのは誰だ!
これを見ているアナタかもわかりません!

よくよく考えると、会場を見渡すと普段とは違う雰囲気の自転車ばかり。
俗にいうスポーツバイクらしいスポーツバイクが見当たりません。
どれもこれも面白いバイクばかりだったように思います。

こちらはBYOB謹製の小径ファットバイク。
こんな自転車どこを探しても売っていませんね。

タイヤは自転車ではなくバイク用のものが。。
このホイールを組むのもすごい。。。

ちょっとお腹が空いたら腹ごしらえ。
カレーからパスタからパニーニまで色々ありました。
僕はこちらでスープパスタを頂きました!

こちらはアクションスポーツさん。
色んなメーカーがブース出展しておりました!
サクッとシクロクロスデビューを目論む人にはここらへんもええですね。

Cieloを始めとした製品でお世話になっているSim-worksさんのブース。
なんとクリキンが特売・・・。
買わなきゃ損損!!

個人的にはBBがかなり優秀なんじゃないかなと。

シマノと同等かそれ以上の耐久性がありながら、
倍以上軽く回ってくれるので高性能この上ありません。

くるくる回るBBは多々あれど、
高い耐久性を持ったBBは他ではなかなかありません。

KAOSTEM。
可愛くて人気が絶えません。
狙っていたキーホルダーも即完売でした。笑

おいしそうなバーベキューを横目に、

負けじとビールを飲む僕とギシさん。

公道での飲酒運転は厳禁ですが、
走ったあとならノープロブレム。

本音としては走る前に飲みたい。
でも頑張って走ったあとだからもっとおいしい。
(ビールよりハイボール派)

どこか、レース中にテキーラを飲むとショートカットさせてもらえるという
夢のようなレースがあるらしい、というのはまた別のお話。

ブース巡りに戻りましょう!こちらはBLUELUGさん!
新しいオリジナルフレームの「FAIRWEATHER」が早速展示されていました。
品質の高さが良かったです。

ペイントがオリジナルっていのが何よりも良いですね。

こんなカウベルも売っておりました。笑
僕も記憶に残る走りがしたいと思いますです!

イベントが終わったら自転車を綺麗にして帰る準備をせっせ。
高圧洗浄器が設置してありましたが、
ブラシandスポンジ派のムーブメントです。

何よりも運営している人たちの頑張りがすごかったな、と思います。
忙しいにも関わらずイベントを盛り上げよう、
来ている人たちに楽しんでもらおう、という気持ちが滲み出ていて
辛そうな顔ひとつありませんでした。

イベントにはたくさん参加しておりますが、
こんなに楽しいイベントはなかなかありません。

イベントに関わる全ての人へ、
ありがとうございました!!

2012年11月26日月曜日

「秋ヶ瀬の森バイクロア2」走る編

野辺山シクロクロスへの参加を見送り、
土日を両方休業にしてまで行って来ました。


東京に近しい埼玉、荒川沿いの秋ヶ瀬公園。
ロードの練習でたまに通っていましたが、
まさかココでシクロクロスのイベントが行われる(行える)とは思ってもいませんでした。
 
まず1発目のイベントは「ファンクラスA」。
初心者向けの30分耐久レース!

まさかの事情により、
スタートの9時の段階でまだジーパンにパーカーだった僕。。。
会場には早めに着いてたんですけどね・・笑

こんなにアタフタしたのは久しぶりでしたw

なんとスタートのトラブルで10分スタートが遅れたではないか!!
隙を見て荷物の方へ駆けていき、たくさん人がいる中で着替える僕。

スタートが遅れたおかげで着替えが間に合ってよかった~!!
しかし最後尾からのスタート。

全員抜いたれ~~!
そう思いながら走って、ようやく先頭まで来たな。。
と、思いきや
「いま13番手!!」と掛け声。

え、、ほんまっすか・・・。前の人たち全然見えないんですけど!!

そして表彰式。
C2カテゴリーの人もいて、先頭の方はかなり速かったのだとか。
スタートの渋滞でつまづいてしまったので致し方ありません。

優勝者にはフレームのプレゼントが!!!
ということは無く、なんと22位でゴールした方にフレームが贈呈されていました。

面白いことに、
レース中にメーカーさんがくじ引きで決めた順位の人に
商品をプレゼントするというサプライズ。

"自転車を楽しむ"ことを大切にしたイベントならでは。

そんなこんなでお次は「ファンクラスB」がスタートします。
スタート前の堀さんはいつも憂鬱そうに緊張しています。笑

頑張って下さいね(^-^)/ 
スタートの時は何故か前の方で良い展開だった堀さん!

頑張って走りますが、
さすがにトレーニング不足か徐々に順位を落としていきますw

普段は自転車で走るイベントにはまず参加しない塾長。
かなり辛かったようですが、
むっちゃ楽しかったようで満足度120%だった模様!

ホリさんも笑顔で最後まで愛車のレトロテックCXで走りきりました!

お疲れ様でした!!
(大阪-東京間の運転もお疲れ様でした!)
リザルトの発表も楽しみに待ちましょうw

お昼ごはんを挟んだあと、お次はメインイベント「ファストクラス」です。
こちらはC2相当の45分耐久レース!!

どうせ行くなら速い人の走りを味わいたいということで
ダブルエントリーしておきました。

スタート、前の方には速そうな人たちが集まります。

ファンクラスの時に滑って転んだ石のシケイン。


速い人。
(ブルックリン、しかもシングル)

担ぐ人。
(メカトラ?パンク?)

撮る人。

転ぶ人。

すごい人。
(石のシケインも越えてました。)

ファットで頑張る人。

声援を飛ばす人。

シクロクロスの一番はやっぱりこれでしょうね。
観戦する人と走ってる人の距離の近さ。

レースを見ると、その臨場感の高さにテンションが上がります。
レースを走ると、声援の近さに頑張る気持ちが強くなります。

見ても、走っても面白いイベント。
 
まるで「しょうもないルールなんてクソくらえ」と言っているような。
自転車でいうところの異種格闘技。

実際に走ってみると、見ている以上にしんどかったり。笑

シクロクロス、通称クロス。
これからもっと盛り上がっていきますよ!
遅れずにジョイナス!!