2013年2月28日木曜日

ハンドル交換

今日はハンドル交換の一例をご紹介します。
FSAの深曲がり形状の丸ハン。国内には流通していなかったちょっとしたレアもの。
気に入っているのですが、常に新しいものを吸収したい人間なので
ハンドル交換に踏み切りました。
重量、292g
アルミ製

GDR 245
フルカーボンカーボン勢

実測の重量は名前の通り245gでした。
ちなみにEASTONのEC70 SL3は234gでした。
軽さはこっちの方が軽いですね。

違いといえば、
グラファイトデザインのハンドルは圧倒的に硬いということです。

ハンドルに求められる性能はやっぱり、
力を加えてもたわまない事でしょうか?

カーボンハンドルにも種類がたくさんありますが、
地雷のようなハンドルがたくさんあるので気をつけてもらえたらなと思います。

とりあえずアルミハンドルを使っていれば問題はないでしょう。
もし、カーボンハンドルが使いたい!という方はご相談下さい。
装着完了。バーテープはまた後日。。

カーボン x カーボン

サイドビュー。
例にも漏れず、ブラケット位置は高めにつけています。
これは僕の好みのセッティングです。

もうちょっとハンドルを送ろうかな(下ハン基準)?と、まだ調整に余地があります。

軽く乗ってみたところ、衝撃的な剛性感でした。

軽さも相まって、ハンドリングが全くの別物になっています。
カーボンハンドルの中ではずば抜けて高い剛性感を持っていますが、
不快なバイブレーションはありません。
これぞカーボン。。。

そしてハンドルリングが軽すぎて、
「ハンドルの存在が消えてしまった」かのような印象です。
恐らくステムの剛性やベータチタニウムのボルトの影響もあると思います。

ハンドルでここまで変わるか・・・と久しぶりに痛感しました。
NJSの審査も通過したとかしないとか、、、そんな噂も聞いたことがあります。

NJS規格を合格できるカーボンハンドルは他にあるのでしょうか?
真相は不明ですが、すごいハンドルであることは間違いないでしょう。
ハンドルを換える機会はなかなか無いので、こちらも交換。

純正ボルト。

ベータチタニウム製タイタニウムボルト。

ではもう一度眺めましょう。笑

普段はブラケットフードが被っていて見えないので、
よーく目に焼き付けておいて下さい。

個人的にはナットのみの交換でも良さそうな感じです。
その場合だとハンドルからブラケットを外す必要もなく交換が可能です。

在庫しているオススメのハンドルも紹介しておきます。
EASTON EC70 SL3 カーボンハンドルバー
18,900yen
  
最近取り扱いを始めたZIPP。
SERVICE COURSE アルミハンドルバー TRADITIONAL
10,290yen

~ハンドル交換について~

ハンドル交換する際は交換が必要な部品が何点かあります。
・バーテープ
・ワイヤーケーブル
(ハンドル形状で長さが変わります。)

作業内容として、
バーテープ交換、ワイヤー交換、変速andブレーキ調整、
レバー付け外し、ポジション調整、
ハンドル取り付け、取り外し

まるで一台組みなおす作業に等しい作業になっています。
作業時間も通常1~2時間ほど頂いております。
その日の状況により異なりますので、都度お問い合わせ下さい。

作業工賃はドロップバー交換で6,000円(税込)です。

ハンドルは身体と繋ぐ重要な部分です。
ちょっとした形状や剛性、重量の変化でもフィーリングが激変します。
ご相談お待ちしております。

2013年2月27日水曜日

出張展示会 cycroc編

先日、H+SONのリムや20インチピストのFLAT-1でおなじみ
「cycroc」OKBさんが、ハンドデリバリーがてらNEWアイテムを
見せに来て下さいました!

FLAT-1の新色?

いえいえ、8Sの多段バージョンです!

その名も「FLAT1 Cony」
エンドの形もUSAものっぽくなってってかっこいい。

ヘッドバッチは真鍮製、細かい所にもこだわりを感じます。

シートチューブのマークはコロンバスのパロディ(笑)
良いセンスしてらっしゃいます!



cycrocのシールドベアリング薄ペダルもしっかり付属しています。
ホイールのハブもシールドベアリング、メンテナンスフリーで良いですね、
消耗したら打ち換えできます!

カラーは、レッド、ブルー、ブラック、イエロー
ご予約も承っております。
デリバリーは春との事、楽しみです!

2013年2月25日月曜日

定休日のお知らせ

明日、火曜日は定休日のため休業です。
レースの疲労も明日中には回復させたいと思います(^^)
よろしくお願いします。
自転車や自転車のパーツを買うときに、
何を買ったらよいのか迷うのは当然のこと。

自転車に"絶対"は無く、
何かを取れば、必ず何かを失ってしまう。

それは恐らく自然の摂理。
二兎追うものは一兎をも得ず。
みたいな。

終わりも正解もないのが自転車。
だから無限に面白い。

25c良いです。

愛車のオーバーホールがてらタイヤも新調させて頂きました。
先日のサイクルエンデューロinグリーンピア三木にて導入したタイヤ。

"Challenge STRADA(チャレンジ ストラーダ) 25c"
1本:5,500円(税込)(オープンチューブラー)
25cのエアボリュームとケーシングのしなやかさで乗り心地が良く
グランフォンドやロングライド向きのタイヤです。

ちなみに今回のレースのコースは半分以上が下り。
良くグリップし下りが苦手な僕は本当に助けてもらいました。

安心感が半端無いです!

少々荒れた道でもストレスが軽減され、
25cと幅広ですが転がり抵抗も悪くなく病み付きになりました!

ブラック/スキンもございます!

ブラック/ブラック

Challenge FORTE 4,900円(税込)
ウェットコンディションにも対応するオールコンディション・タイヤ
これも好きです。(23cですけど)

2013年2月24日日曜日

サイクルエンデューロinグリーンピア三木

 行ってきました!今年初となるエンデューロイベント!

エンデューロとは?
普通のロードレートとは違い、
距離ではなく時間だけが決まっています。

決められた時間内でたくさん、そして速く走った人が優勝です!
時間も長めなので、チーム戦があったりするのも楽しいですね。
今回はEASTONやラピエールでお世話になっている
東商会さんにもご協力頂きました!

自転車をこうやって積むととても目立ちますね! 
会場に着いたら広く空いたスペースを見つけてテントも設置。
スタート地点の方に設置すればよかったと反省(^^;)
自転車の数といい、圧巻でした。笑

急いでレースの準備を進めます。
ネジの緩みは大丈夫ですか?

おっと、気づいたらもうスタートの時間が迫っているではありませんか!
急いで向かったらすぐにスタートでした!
最初はまったりムードの先頭集団。(3時間)
思っていたよりも参加人数が多かったのでビックリしました。
ここから死闘が繰り広げられていきます。。笑

2時間ソロでエントリーしていたK君、
坂が得意なので序盤からハイペースで集団を崩壊させます!
そして後ほど2分先にスタートした3時間のグループに追いつきました!
序盤は体力もまだあってよかったのですが・・・。

なかなかのハイペースで序盤からかなり全力でした。笑

チーム戦でエントリーしている人は選手交代も重要。
他のチームメイトがアシストに回ります(^^)

っと、なにやら合図を出してKさんが戻ってきました。
緊急ピットイン。

OH MY GOD。サドルはいずこ…。
落車が起きてしまって、それに巻き込まれてしまったKさん。
身体は擦過傷程度で済みましたが、
自転車はこのような状態になってしまいました。

クラッシュは自転車を始めとした乗り物には絶対付き纏うものです。
「安全に」と意識していてもクラッシュしてしまいます。
なので、"超"安全に走りたいですね!それがレースでも!

---
安全走行のすすめ

自分の安全だけでなく、
「自分が急ブレーキしたら後ろの人はどう影響するか」
「自分が走るラインをずらしたら、周りにどう影響するか」

"安全に走る"の中に、
周囲のことはちゃんと認識していますか?

事故をする人と事故をしない人は、
根本的にその辺の認識が異なっているようにも感じます。
---
時間が経つにつれ、集団がどんどんバラけていきます。

一人になってしまったら、
なるべく速いペースで頑張って踏む。
ただそれのみ!


今回初、イベント参加のTさんはエクタープロトンDi2で!
楽しんで頂けたでしょうか!?(^^)

そして・・
2時間ソロでK君が優勝!!

途中から合流して一緒に走っていたので、
最後のアタックに声援を送って見送るのみ。笑

優勝したらこんな風に大喜びしてもらいたいものですね!
それが勝った人の義務ではないでしょうか?(^^)

コースは上りあり、下りありのテクニカルなコース。
下りは速く走ろうと思うと難しい、
そんなコースでした!

3時間エンデューロも半分を過ぎると
先頭はこれだけしか人数が残っていませんでした。

2時間を過ぎたあたりで先頭からゆるゆる後退・・・。
あとはひたすら耐えるのみでした。
エンデューロの醍醐味といえば、
仲間とタイミングよく合流することがあるということでしょうか!?

一人で走っていたところにOさんも合流!
体力を使い果たした僕はほんのちょっとしかお手伝いできませんでした。笑

犬!

上りがじわじわキツイ!

ラピエールに乗るR氏もいいペースで走ります。
MTBerなだけあって下りの安定感はさすがでした。

そしてこの方!ホリさん!!
今回はなぜか比較的元気に走っております!!
体力がついたのか、
はたまたゆっくり走っていただけなのかは不明ですが、
ヘタレ感が少なかったのは良かったと思います!

そしてようやく3時間もゴール!!

おつかれさまでした!!!
ゴールを迎えてくれた美女が素敵です。
レース中もずっと応援してくれてました!

レース後の団らん。
足がピクピクして立っているのもしんどい。笑

ホリさんもラストライダーで走ってました。
結果はいかほど?

左のK氏は4位、そして僕は5位入賞でした。
表彰台を狙っていただけに悔し~~結果となりました(>_<)

こちらはホリさんチーム。
エクタープロトン2台のケルビム1台編成のクロモリチーム!

僕は今回ラピエールで走りました。
N君は2012モデルのラピエール、
新旧ゼリウスが3台も集まりました!笑

レースが終わったら歓談もそこそこにパパっと片付け!
(僕たちが帰る頃には周りはほとんど撤収済みな事がしばしば?)

雪もチラついたりして、
結構な寒空でしたが今回も楽しい思い出ができました。

これから暖かくなるのがもっと楽しみですね!
一緒に来てもらえたなら楽しさを身体で理解してもらえるでしょう!

ブログでは伝えきれないこの面白さ。
みなさんも是非。