2013年8月31日土曜日

小さくてもかっこいい!

日本企画で日本規格の日本ブランドのROCKBIKESの小さいサイズが
やっとこさ出来ました!

PRIDE(プライド) 65,100円(税込)
画像は、ラインナップの中で1番小さなサイズの"460"
適正身長は、身長145cm~160cmぐらいです。

ホイールが700Cの小さいサイズ自転車は、どうしても足の長さに合わすために
ピンクのラインのような形状(スローピング)になります。

これが悪いとは思いませんが、
もう少しトップチューブが水平に近い方が好みの方が実際多いです。
しかし、ロックバイクスはホイールを650cを採用することによって
そこまできついスローピングではございません。

どうです、小さいサイズですが迫力があると思いませんか?

小柄な方や女性でもカッコイイ自転車が乗ることができます!

クロスバイクはメーカーによって様々なコンセプトがございます。
ROCKBIKESが提案するクロスバイクはどっちかと言うとロードバイクより、
メーカー自身もフラットバーロードと位置づけております。
重量は軽く9kg台、ジオメトリーもホイールベース短めでストップ&ゴーの多い
日本の交通事情に合わせて設計されております。

軽快に町中を走りたいと言う方は、きっと満足して頂けると思います。


そして、完成車ではあまり見られない前後異径ホイールのファニーバイクも登場しました。
ほんとにROCKしてるぜ!
JEALOUSY(ジェラシー) 91,350円
サイズ展開は、460mm,500mm,530mm,560mm

全サイズ合わせて限定50台です。

ちなみに、弊店では全サイズ在庫しておりますのでビビッときたらお早めに!



2013年8月30日金曜日

EASTON ECHOハブ いきなり解体新書

EASTONが好きな僕らを見かねて、
営業さんが早速新型ハブを持って足を運んでくれました!

その名も"ECHO(エコー)"ハブ! 
今までユーザーから
"ガタが出る"
"ベアリングがダメになる"
と色々言われてきましたイーストンのハブ。

数年(約3年?)の歳月を経て開発されたのがこの新型ハブだそうです。

これから使っていかなければハッキリとした判断は難しいのですが、
以前よりかなり良くなったな!と思える内容でした。 
そう、ただのハブではなくカットモデルでした。
中の構造や肉厚がとっても分かりやすい! 
グリスの保持はどうするのか不明な感じですが、
面白い事にラチェットの爪がハブシェル側についています。 
たとえグリスが抜けてもグリスアップは簡単そうです。
キャップは引っ張れば外れます。

外すと・・・ 
フリーボディを抜くことができます!
工具無しでできるので、ユーザーレベルでグリスアップが簡単です。 
フリーボディを外すとハブシェルのベアリング位置が分かりやすく見えます。
フリー側のベアリングがかなーーーり右側まで来ています。
ベアリングの位置関係をなるべく外側に配置すれば、
軸のたわみに対して強くなってくれるのだと思います。 
そして面白いのがフリーボディ内側のベアリングです。
Kappiusほどではありませんが、
大径具合がそのハブを思い出させます。 
何が面白いといいますと、
これはヘッドパーツのベアリングと同じ規格のものを使っていることです。
41.0mm、36度/45度のタイプですね。 
ワッシャーは無くさずに。 
ここに入ります。

構造はとてもシンプルになりました。
以前のような玉当たり構造などは無くなったので
ガタはまず出ないでしょう。

カットされているので軸は簡単に抜くことができました。
さすがにカットされていない製品版は
叩き出すなどしなければ抜けないでしょう。
アクスル単体重量で16.5gとめっちゃ軽いです。
こんなに軽くて大丈夫か不安なレベルです。
でもこの構造ならチタンで作(ry
とにかく削り込んでる印象です。
僕はハブに軽さは求めないタイプですが、
車重全体で見たときには馬鹿にならなくなってきます。
重さも軽くて回転も軽くければ最高ですね。

耐久性重視ということで、
ECHOハブはセラミックベアリングではなくスチールベアリングになっています。
モチロン、後からベアリングを交換することも可能です。
Tuneと同じような削りのフリーボディですが、
"削れるところはなるべく削る"という姿勢を感じますね。笑

現段階でこのハブが採用されているのは
新型のEC90シリーズとEA90シリーズです。

しかもEC90AERO55はカーボンリムでチューブレス対応。
TUBELESSの抵抗感の無さを感じたことがある人ならば
待ち望んでいた人もいるのではないでしょうか。

解体新書と呼ぶにはぬるい内容ですが、
カタログには中々でない部分をピックアップしてみました。

2013年8月29日木曜日

防風フルフェイス

CCPの定番、防風フルフェイス パーカーが届きました。
もうこんな季節になりつつあるんですね。

CCP LT-TB08 防風フルフェイスパーカー 13,650円(税込)
※身長166cmで体重63KgでMを着用した画像です。

今回は縁取りのパイピングが差し色程度に施されています。


右手にはリフレクター付き。
前から照らされると視認されやすくなります。

両サイドにはジップ付きポケット

後ろは長め

ハイネックの様になるので首元はマフラー要らず。

これで完璧、これがフルフェイス防風パーカーたる所以

爽やかなLIGHT GREY x BLUEは爽やかな彼にぴったり。
※身長173cm、体重57kgでSを着用

毎年カラーが違います、小ロットなのでピンと来たらお早めに!


2013年8月28日水曜日

Sykes Wood Fenders


ポートランドでハンドメイドされる"Sykes Wood Fenders"
木工職人のPaul Sykesが奥さんのために造ったフェンダーが始まりです。

薄い木のシートを何重にも重ねて張り合わせ樹脂で固めて作られております、
比べるのも変な感じですが、カーボン製品と成型と同じですね。
彼の家のシンク(流し台)も同じ木製なので耐水性もお墨付きです!

そんな"Sykes Wood Fenders"から新製品が届いております。
Bobtail

"Bobtail"キャリパーブレーキに友締めして簡単に取り付けられるタイプで、
タイヤとブレーキの隙間がないロードレーサーなどにも取り付けが可能です。

左から1番目と2番目は、スケートボードをリサイクルしたRecycled Skateboard 7,980円(税込)、
順位にWhite Oak(ホワイト・オーク),Mahogany(マホガニー),Walnut (クルミ)各5,880円(税込)となっております。

フェンダーは自転車の印象もガラッっとかえる、魔法のアイテムです。






2013年8月26日月曜日

定休日のおしらせ

明日27日は火曜定休日のためお休みです。
ご不備おかけいたしますがご了承ください。
Sykes Wood Fenders Bobtail 入荷しております。

詳しくは明後日、ご紹介いたします!

夏の終わり シマノ鈴鹿ロードレース

今年も行ってきました!シマノ鈴鹿ロードレース!!

ムーブメントがオープンした年から行き始めたので、今年は3年目。
徐々に上がるみんなの成績には感心するばかり。
今年は生憎の雨でしたが、
雨にも負けずに走る姿には胸が熱くなりました!
25日の当日、鈴鹿の駐車場へ到着して急いで準備。
到着と同時に激しく雨が降ったのでとても厄介でした。 
今年はTwitterの知り合いからのオファーで日曜日のチームオフィスを使えることに!
毎年暑さに苦しめられていましたが、
今年は逆に寒さに苦しめられました。笑
オフィスがあって色々便利で非常に助かりましたね! 
朝一で1時間サイクルマラソンの出走が迫ります。
雨で寒かったですね。 
"寒さも緊張もテンションで押し切れ!"と言わんばかり。
がんばれ! 
雨が厳しく応援するのもなかなかハードでした。 
1時間サイクルマラソンスタート前 
MOVEMENTジャージが目立ちます。 
虎視眈々? 
まるでプレッシャーを感じている様子を感じません。笑 
今年はユースもエントリー! 
スタート!行ってらっしゃい! 
スタートが肝心だっていうのに!もったいない!笑
さすがハルオ君、先頭グループで展開していました。 
こちらブラジル人ことナカノ君。
去年は2桁ゴールの好成績でしたが今年は・・・。
しかし、この後いい仕事をするのでした。
EXTARPROTONコンビ 
ナカシマさん
BLUELUGジャージの人も頑張っておりました。
ん?徐々に順位を下げているぞ?笑 
CHERUBIMデビュー戦!
安定の走りを見せるオオノさん。
初めての雨レースでちょっと不完全燃焼でしたね。
初めてのロードイベントに参加のミッチーさん!
初参加で173位に入る好走でした。
身体が動かなくなってもはや笑うことしかできないハルオくん。笑
こちらは昼からエリートカテゴリーに出走の安藤さん。
昨年はフラットバークラスで走ったショウジさんですが、
今年はロードで参戦! 
イイネ! 
そしてブラジル人もといナカノ君が率いてペースアップ!
サトイさんも前に出て確実にエンジン点火!
ホリさんも食らい着いておりました!
トシちゃんも輪行合流で鈴鹿へ参戦!
ミシマルGTはいつも通り?坦々と周回をこなしていました。

1時間を終えて最終LAPへ入っていくのでした。 
あとはゴールへ向かって下るのみ。 
ラストスパート!

そしてゴール。
みんな頑張りました! 

雨で落車もあったようですが、
口をすっぱくして"安全に走れ"と言っているおかげか
誰も落車せずゴールすることができました。

ホッと一安心。
MOVEMENTトレインが出来上がる日もそう遠くないなと思います。
他の参加者と比べても安全走行スキルは高いと感じます!
走り終えたらチームオフィスへ戻り、身体が冷えぬうちに着替え。
中継が見れるテレビもあって中々面白い。
お昼休憩。
お昼からはエリートカテゴリーに安藤さんが出走。
キッチリ先頭集団でスプリント勝負に混ざっていました。
14位。
最後はトップカテゴリーの国際ロード!
僕はこちらに出走しました! 
雨は上がったものの、路面はウェット。
例年よりスローペースかな?と思いましたが全くでした。
は、速い・・・! 
プロの選手の走りを肌で感じることのレースです。
いつも走る実業団のレースとはまた違うので面白い。 
みんなが沿道でガッツリ応援してくれました!
この応援があるからこそ頑張れます。 
吉田隼人、西村大輝、マリウス、辻善光、あ、後ろに鈴木真理も。。
いつも見る側の選手たちの中に混じれるというのは楽しいですね! 

憧れる選手の後ろを走っている時は勝手にテンションが上がってました。笑
最終的にトップの選手はアベレージスピード46km/h越えのハイペースでした。
残り2周を残して遅れてしまい、あとは数名でゴールを目指すのみ。
なんとか足きりは免れて完走することができました。
80位/174名?

完走は84人だったので本当にギリギリでした。 
それでも平均時速42.8km/h・・・速い・・。
完走できなかったら結構ショックなのでよかったです。

ヘロヘロでゴールする自分をみんながゴール地点で迎い入れてくれました。
今年はかなり気合を入れて走ったので、
「良かった」と言ってもらえるだけで嬉しかったです。 

最後はみんなが素早くお片づけを進めてくれてサクッと帰宅準備完了!
さすがです!!ありがとうございます!!
先に帰ってしまった方もおりますが、恒例の記念撮影をパシャリ。

また来年も来たいな!と思える楽しい思い出になりました。
これで今年の夏も終わり。

お疲れさまでした!!!