2014年1月31日金曜日

今週末は桂川へ

今週末、2月2日は"関西CX"の最終戦、桂川に参加します!
そのため日曜日休業となりますので、よろしくお願いします。
桂川河川敷の平坦基調なコース。

しかし、

日曜日の天気予報は「雨」
むむ・・・?どうなる桂川。

昨年はスカッとした晴れで締めくくられました。

レースの後は晴れてくれるのを祈ります。
(レース中は降られてもよい)

2014年1月30日木曜日

Cafe du Cycliste オーダーお待ちしております。

フランス発のサイクルウエアブランド「Cafe du Cycliste (カフェ・ドゥ・シクリスタ)」
デザイン性と機能の高さを両立したセンス溢れるブランドです。


細々とですが弊店でも取り扱っております。
その甲斐もあってか、最近お問合せが増えてまいりました。

ですが生産数の少なさなや、MOVEMENTのサイフの事情で
在庫数が少なくご迷惑をおかけした事も度々ございました。

そんな”Cafe du Cycliste”ですが、只今、年に数回(2回ほど)の受注期間中です。
気になる方、確実に欲しい方は心よりオーダーお待ちしております。
※受注期間:2月1日(日)まで

フライングになりますが、店頭に新色のロングスリーブジャージや
新作で初のリリースとなるウインドブレーカーなどございますので
是非、手にとってご覧下さい。
サイズがあえばご購入も可能です。

YOLANDA JERSEY  25,000円(税抜)



MADELEIN WIND PROOF JACKET 18,000円(税抜)



次回入荷分より 15,400円(税抜)
店頭在庫分 12,600円(税込)

現物はございませんが、その他のアイテムは
こちらのプロダクトページをご覧下さい。
魅力的です!

WIND PROOF GILETや、WIND PROOF JACKETは、
使用できる期間も長く役立つアイテムとなっております。
また、他のアイテムともバランス良く溶け込みますので、オススメです!


2014年1月29日水曜日

We love ENVE?

今日はなぜか画像のアップが上手くいかないのでInstagramからの埋め込みです。

泣く子も黙る、いやいや、いい年した大人が泣いて喜ぶ。
それがENVE。

組み方で味付けは異なれど、
どんな組み方をしたENVEホイールでもリムの強さが伝わってきます。
その強さは組み易さにも現れているほどです。

ホリさんと常連のお客さんたちが京都の森林食堂さんへ行っているのを横目に
僕は一人でロングライドに行ったのでありました。

ENVEのリムは軽さと強さのバランスがすごい。
漕ぎ始めからスススと軽やかに加速していくホイール。
上りに差し掛かったとき、
ペダリングの負荷でたわみ、力が逃げてしまうこともなく
多少汚いペダリングになったとしてもグッと踏ん張ってスッと進んでくれます。

エアロ感こそスポーク本数の少なさでRolfの方が良いなと思いますが、
軽さと強さはENVEの方が優れています。

乗ったら惚れます、ENVE。

他カーボンリムより値段は高めですが、その価値はあります。

ホイールビルディングのご依頼お待ちしております!

2014年1月27日月曜日

サーベロP3とぶ

トライアスロンやTTで人気のCervelo P3です。

今回はMAGURAのRT8 TTという油圧ブレーキを取り付けしました。

RT8TTはマグラとサーベロが共同開発したタイムトタイル用の
油圧式リムブレーキキャリパーです。
ブレーキキャリパーにもエアロ性能を求め、
「The lightest and fastest brake ever!」と銘を打つブレーキとなりました。

しかしながら今回のP3は共同開発されたモデルではなかったため、
色々と手を加えることで無事取り付けが完了できました。
MAGURA RT8TT (ブレーキレバーSet)
77,000円(税抜)
※2014年1月25日から価格改定。
まずはフロントから。
ステムが-45度だったので干渉しなかったのが奇跡。

ヘッドチューブが元々エアロを意識した形状だったので、
ホースと干渉してしまうのをなんとか回避。

続いてリア。
純正の固定ボルトだと締められなかったので
スパナで締めれるものに交換。
ケーブルはフレームの中から。

中・・・

本来なら中からは出ない!
(フレームはフルアウターに対応していないため)
インナーケーブルが通るようにしかなっていません。

恐れるな 俺の心
悲しむな 俺の闘志
伸びるドリルがフルアウターになれと
フレームはねてモーターが奔る
そして無事フレームにケーブルを通すことができました。

本来ならワイヤー受けをフレーム外側に貼ってケーブルを這わせます。
ユーザーさんとの相談の結果、
フレームへの加工を決断して作業に踏み切りました。


ケーブルのルーティンも一番ケーブルが外に出ないルートに変えました。


ホイールを交換する際は、
レバー側で開放することができます!

更に、多様なリム幅に対応できるような構造になっているので
トレーニング用やレース用で異なるホイールを使う場合でも
気軽に調整が可能です。

* * *

ワイヤーの厳しい取り回しを考えるとこのタッチの軽さはさすが油圧という感じ。
"ブレーキが効かなくて怖い"ということが発端で
今回マグラへと交換しましたが、抜群の制動力です!!
少ない握力でもググンと効くブレーキ。

これは満足してもらえるでしょう!
ロードもどんどん油圧になってくれたら面白いな~と思った次第。
油圧、良い!

2014年1月26日日曜日

GORE BIKE WEAR

GORE BIKE WEAR(ゴア バイク ウェア)

世界初となるGORE-TEXRサイクリングジャケットを開発し、
その成功で有名になったブランド。
GORE-TEX(R)をつかったバイクウエアの代名詞的存在です。

GORE-TEX(R)の他にWINDSTOPPER(R)などハイテク素材を積極的に使い、
より快適にトレーニングやライディングを楽しめるウェアとなっております。

ベースレイヤーからアウター、ソックス、グローブなどの小物までの
総合サイクルウェアブランドなので、それらを組み合わせる事により1年を通して
快適に自転車に乗ることができます。
シチュエーションに応じたウェア表もあるので選択しやすいです。

さて本題ですが、この冬に取扱おうとしたのですが発注などのタイミングで流れちゃんたんです・・・
が、今期から取扱いを始めます!

サンプルを見たのですが、NEWモデルも数点ございました!
欲しいアイテムを確実に確保するためには、今からオーダーをする必要がございます。
※入荷するのは今年の秋~冬です。

興味のある方は一緒にオーダー(予約)をさせて頂きますのでお申し付け下さい。
2月13日までにご注文頂いた方には特別プライスをご提案させて頂きます。

入荷するのは8ヵ月~後ぐらいですがね(汗)

2014年1月25日土曜日

コンポのせかえ

クロモリラグフレームのCalamita(カラミータ)

Wレバーのクラシックなロードレーサーです。

オーナー様は、乗り続けているうちに物足りなくなった様で、
年末にコンポ-ネントの乗せ換えのご相談に来られました。
滋賀からのご来店だったのでそのままお預かりし本日お渡しする事になりました。

コンポーネントはシマノ105 
今までWレバーだったので、STIに変えて楽にそして楽しくなるでしょう。
合わせてハンドルの悩みもご相談を受けたので
STI専用設計のNITTO M106に変更してブラケット位置を高くしました。
納車時に操作方法をお伝えさせて頂きました。

クランクはクラシックなデザインをを損ないたくないとの事でしたので
SUGINO Mighty 801D シマノ105よりは少々価格が上がりますが、そこは拘りで。
変更前より変速性能もアップしました。

このまま自転車で滋賀までご帰宅!の予定でしたが、
本日は天候が怪しいのでお車でした。
定期メンテナンスの時は是非乗って来て頂きたいです。はい。


2014年1月24日金曜日

ロード、CX兼用

今日はカーボンなホイールのお話。

20mm台のリムハイトのカーボンホイールはもれなく軽い。
それはヒルクライムや加減速のある走りを得意とします。
軽すぎるのでペダリングが難しく、最高スピードが伸びにくい印象。
(リム重量約200~300g)

リム高が50mm~80mmとなってくると、
リム重量によってキレのある加速は苦手になってきますが
猛烈なスピードの伸びがあります。
(リム重量約400~650g)

それはもう状況に応じて使い分けるのがベストですが、
サポートされているわけでもない一般人が簡単に買い揃えることは難しいものです。
そして大体の人が"なんでも使える万能なホイールが欲しい"に集約していきます。
行き着いた先は35~45mmハイトのカーボンホイール。
(リム重量約300~400g)
色んなメーカーもこの高さのホイールをラインナップするようになりました。
選択肢はよりどりみどりです。

ちなみに写真は乗り味の異なる三様のホイールですが、
全部ミドルハイトのホイールです。
左から、
Rolfprima TDF4SL、
Campagnolo BORA ONE 35、
ENVE 1.45
となっております。

これらのミドルハイトは程よいエアロ感と程よい軽さが
やはり程よいと感じるホイールたちです。

シクロクロスでの使用も考えた時にも軽さはとても重要で、
50mm以上のディープリムを使う選手は現在ではかなり減りました。
(元から多くないと思いますが・・・)

あまりリム高が低すぎても泥や砂が乗っていってしまうので
"リム高は必要!!"と豪語する人がいるほどです。

うーん、この万能感たまりませんね。

ちなみに自分もロードレースのヒルクライムやクリテリウム、
エンデューロからシクロクロスと色々な性質のレースを
TDF4SLで走りましたが、どのレースでも助けられました。

やはり平坦レースを走っていると80mmくらい欲しいなと思っちゃうのですが、
社会人が1本のホイールで戦うなら万能ホイールが良いですね。(結論)

* * *

写真に写っているENVEの1.45(TNIハブ/シマノ10,11s対応)は
1月29日まで試乗用にトライスポーツさんからお借りしました!

短い期間ですが、期間内であれば試乗のチャンスです!
タイミングが悪いと貸し出しに出てしまっていることもありますので、
先に一度ご連絡をお願いします。
※ご試乗中はご身分証明書をお預かりさせて頂きますのでご用意下さい。

ぜひ!

2014年1月23日木曜日

Black Retroshift

もう住民権は得たでしょう、シクロクロス用に開発されたコンポーネントRetroshift
入荷したRetroshift用シフターはブラックにリニューアルしておりました。
右シフター(10S or 9S) 各4,000円(税込)、
左シフター 2,000円(税込)
フリクションかインデックスへ切り替えが可能になりました。
インデックスとは(シマノの言い方)カチカチと1段1段変速レバーが動く機能です。
フリクションとは、無段階で変速レバーを動かせる機能です。
感覚でシフトチェンジできるのでシフトが上がりきらないなどのトラブルはおきにくいのも
メリットです。

ブラックのレバーのRetroshiftに取り付けてみました。14,800円(税込)

リアディレーラーのBURDもブラックなのでオールブラックで揃えて
アッセンブルするのもかっこいいですね。

2014年1月22日水曜日

CK freaks.

まだ記憶に新しい作業も気がつけば約2月ほど前。
今までに見たことのない、スナップリングが無くなった状態でした。

すぐさまスモールパーツのみで注文できるか問い合わせると
「注文できる」と返事をもらってホっと一息でした。

1ヶ月も待たずしてスモールパーツは無事に届き、
作業を終えることができました。

"ノーメンテでOK"と言われるほどしっかりした
ヘッドパーツやBB、ハブをつくるクリスキングですが、
さすがにメンテナンスは必要です。

でもそのメンテナンス(グリスアップ)が前提に作られているのもクリスキング。
他のBBだと、なかなかそうはいきません。

店頭でBBをさわったことのある人なら知っているかと思いますが、
新品未使用状態のBBの回転は決して軽いとは言えません。
それで「あっ、こんなもんか」と思うのはまだ早い。

グリスの保持やゴミの浸入を防ぐためのシールがそこには有り、
形が馴染んでいないため初期は重いと感じます。

100~400kmほど使用すれば形が馴染み、
回転はどんどん軽くなっていきます。
半年から1年経てば初期のグリスは抜けてくるはずなので、
オーバーホールのタイミングです。

馴染みの出たBBに新しいグリス。
軽い回転がそこにあります。
と、前置きが長くなりましたがCHRISKINGのBB取り付けの紹介です。 
安くて高耐久と人気のシマノBBから 
CKのBBに交換しました。
本国にわずかに在庫していたブラウンを取り寄せて頂きました。
中身はセラミックベアリング。

決め手は知り合いの"破壊神が壊さないBB"だからとのことでした。

ちなみにステン球でも十二分にオススメです。
是非!

CHRISKING
Threaded Bottom Brackets
Shimano Road,MTB 17,000円(税別)
Sram Road,MTB 18,500円(税別)

Ceramic Bearings
Shimano Road,MTB 24,500円(税別)
Sram Road,MTB 26,000円(税別)

BB交換工賃 3,600円(税込)

2014年1月20日月曜日

逆境ナイン、関西シクロクロス第9戦

我らがホーム(と言ってもいい)地元堺でのシクロクロス!
出ないわけにはいきません。


高橋がC2一発残留を狙ったこの1戦・・・
結論から言えば"負け"た!!
リザルトは44位(堀さんのゼッケンも44)と残留キップも獲得できない結末。
「またC3に降格してやり直すのか・・・」
そんなことなら潔く引退(?)してしまおうと決意して望んだ。
しかし目標には届かずアウト。
が、
心が負けたわけではない!!
野球で100点差がついたとしても「たかが、100点差」と割り切る根性。
帰宅後すぐに桂川のエントリーを滑り込みで行った高橋であった。

* * *

今回はさすがホームの大阪開催だけあって、
参加者は朝一のレースから最終のレースまで応援必須のレースでした!

雪もチラつき身体は冷え切る寒さの中、
寒さに負けない熱い走りがあったかと思います。

その一部始終はflickrにて!

今年から新設されたC4には4名が出走。
A組とB組で2名ずつ分かれました。

早速、勢いよく前転するホリさん。
最初はホリさんよりポジションの低かったOさんも、
堅実な走りで徐々にポジションを上げて行きました!
今回2戦目のYさんは健闘して9位に食い込む走り。

今年は一括エントリーしているMさんはリザルトが伸びず悔しがっておりました。


ホリさんのCORNERを駆って初参戦のEさん。

ライバルを倒すべく参戦しましたが悔しくも敗北・・・。
桂川でのリベンジを誓っておりました。



C3ではKINFOLK、TONIC、SIGNAL等々ハンドメイドスチールがせめぎ合います。
今年はC4が出来たことで一番HOTなカテゴリーかも知れません。

昼からはトップカテゴリーのC1が走ります。

彼らの走りを見ていると"普通に走っている"のですが、
簡単そうに見えていざ走ってみると普通に走れないものです。

「やればわかる!!やらなければ、一生わからん!!」
そんな熱い言葉を引用させてもらいつつ…
応援するのも楽しいですが、走ってみるともっと面白いかもしれませんよ。

とりあえず僕らは次戦となる2月2日の桂川へ向けて頑張りたいと思います。
引き続き暖かいご声援をお待ちしております。

* * *

レースはレースで苦しくて大変なんですが、
何より大変だったと思うのはコース脇でずっと応援してくれた人たちだと思います!
雪が降ったり止んだりの氷点下に迫る気温の中、
最後までずっと応援してくれました。

会場に来て応援してくれた方、
来られなかったけど応援のメッセージをくれた方、
ありがとうございました!

2014年1月18日土曜日

TOMAHAWK

大手マスプロメーカーがやらないような仕様を積極的に取り入れるメーカー
「ROCK BIKES」今回もやってくれました。

「TOMAHAWK」 105,000円(税抜)

ROCK BIKESのNEWモデル 「TOMAHAWK」
その名のとおり鋭利な刃物の様なシルエットは、
かなり戦闘的なシングルスピードバイクです。

高剛性で軽量な2ピースクランク

リアブレーキが無い!?

ご安心下さい、BB下に標準装備しております。
見た目もスッキリしエアロ効果期待できます。

ヘッドチューブはテーパーヘッドを採用、
ブレーキ近くを剛性アップすることにより、しっかりとしたブレーキングになります。

フロントは、20Hのアルミエアロホイール。
ハブはシールドベアリングでスムーズな回転です。

ブルホーンハンドル

高級感のあるベロア生地サドル

出来るだけステンレスボルトを使ってくれている嬉しい心遣いは、
美しいまま自転車を保って欲しいと言うイキなはからいです。

デザインと機能性を程よく融合した「TOMAHAWK」
この完成度で105,000円(税抜)は、お値打ちがあると思います。

シングルスピード(ピストバイク)を検討している方、おすすめですよ!

*-*-*-*-*-*-*-*-*

参戦のため、お店はお休み頂きます。ご不備おかけ致しますがご了承下さい。