2015年4月30日木曜日

カーボンキラー

小柄な体格にもかかわらず天性の身体能力で自転車を楽しむK氏
特にヒルクライムが得意でパワフルなライディングが彼の持ち味で、
とりあえず何乗らせても速く機材もあまり拘らない印象の彼ですが、
現在のフレームから乗り換えの相談がありました。
就職で他府県へ行っちゃったけどこうやって地元大阪のMOVEMENTで相談してくれて
本当に嬉しい限りです。

そしていろいろ打ち合わせしたけど、もうコイツに決めちゃってたと思いますw
KOGA A-Limited
フレームセット価格: 139,800円(税抜)
COLOR: Blue Anodized Paint

金属フレームも得意とするKOGAの技術を投入したハイエンドアルミフレーム「A-Limited」
まさに"カーボンキラー" アルミならではのしっかりした加速性は彼の走りに相性が良さそうです。

BBはCHRIS KINGのPressFit BBに、彼に選択の余地は有りません。

元の自転車を参考にポジションを少し見直し、一部パーツを新調して組み付けました。
純正のヘッドカバーでは落差が稼げなかったので薄いものに変更、
ステムはパワフルな彼にはTOMSONのX4が良いですね。

5/6のAACAはこの自転車で参戦との事、期待してるよ!

2015年4月28日火曜日

クランク、BBアップグレード。

本日のカスタムはFOCALE44 S-Express。

徐々に人気が広がってきているブランドです。
毎回入荷数が少ないので入手も難しいところですが、
ムーブメントにも数台在庫しているので是非チェックして下さい。 
長らく使っていて、そろそろクランクやリングも寿命といった感じ。 

外してみるとBBも劣化を感じさせる状態でした。
そして今回選ばれたクランクは「WhiteIndustries」

コアな人なら気づいているでしょうか?
かなり珍しい組み合わせになっています。笑

クランクアームにENO、チェーンリングにVBC(アウターのみ)
という組み合わせ。
ホワイトインダストリーのクランクの組み合わせは先日のブログをチェック!

クランクアームを持っておけば、
リングを買い足して変幻自在に使うことができる汎用性。
カッコいいだけじゃなくて、遊びの懐の広さが嬉しい。 
BBにももちろんホワイトインダストリーで!

取り付けてしまうと見えないところではありますが、
精度の良さそうな美しいステンレス軸に惹きつけられますね~。
上位モデルには軸がチタンになっているタイプもラインナップされています。

ちなみにお値段はちょっとお高めの14,500円(税別)。
ですがこのBBも長く使えるように考えられております。

どこでも手に入る汎用ベアリングを使用しており、
ベアリングがダメになったらベアリングだけ交換していけば長~く使っていけます。 
シンプルなルックスを崩さないまま、
ハンドルからホイールからサドル、クランクまでほぼ全てカスタムされています。 
スムーズな回転としっかりとした踏み応えのあるクランクセット。
そしてクールな仕上がり、ルックス。

良いですね~。 
今は金色に輝いている真鍮のクランクキャップですが、
使っているうちに酸化して少しくすんだ表情へと変わっていきます。
それがまた雰囲気があって良いんですよね。

この真鍮のキャップによって六角レンチのみでクランクの着脱を簡単に行うことができます。
いわゆる"ワンキー"というシステムですね。

伝説上の素材オリハルコン、
その実態はこの真鍮ではないかと言われています。
今ではフレームの溶接やネジ、アクセサリーなど自転車でも色々な用途で使われています。

チタン同様、真鍮の魅力に魅せられている人は少なくないのでは?

ありがとうございました!

* * *

明日29日はお昼頃から大泉緑地でBBQを行う予定です。

お暇な方は軽食ドリンク持ち寄りですのでぶらっとお立ち寄り下さい(^^)

2015年4月24日金曜日

リビルド。

軽量リムを2年ほど使用して迎えた寿命。
アルミが劣化してリムが割れておりました。

某スイスのメーカーですが、軽量なので使用状況を考えると仕方がないでしょう。
軽さを取って耐久性は低いとされる軽量リムですが、
2年も使えていたので十二分に価値を使いきったように思います。
でもまだまだWhiteIndustriesのハブは健在!

屈強なチタンフリーボディは言わずもがな、
アルミのハブシェルはハンドポリッシュで新品のような輝きに。

新たにVelocity A23のリムで組みなおして新しいホイールへと生まれ変わりました。

リムはブレーキによって常に擦り減る消耗品。

ハブも同じようにベアリングは消耗していきます。
しっかりしたハブであれば、ベアリングの交換等で長く使えます。

キーワードは"自分に合ったホイール"

手組みホイールは愛着をもって長く使える相棒のような存在ですね。

2015年4月23日木曜日

適正サイズ ROCKBIKES "ENVY"

先日ロックバイクスの「エンヴィ」を納車しました!

パッと見だと普通のクロモリのロードバイクなのですが、
小さいサイズでこのフレーム形状ってなかなか見かけないですよね。
普通、女性向けや低身長向けに作られているフレームは、
ほとんどがスローピングと呼ばれる下に向かって下がった形状をしています。

それに対してROCKBIKESの460サイズは"ホリゾンタル形状"!
ロードバイクとしてのルックスを損ないません。

物理的にホリゾンタルができないのでスローピング形状になってる各社ですが、
なぜロックバイクスはホリゾンタルができているのでしょうか?

その理由はホイールを一回り小さな650cというサイズにしているから!
ホイールを小さくすることでフレームの設計にも無理が無くなり、
乗っても扱いやすい自転車ができあがるのです。 

※ROCKBIKES ENVY (またはPRIDE)
500、530、560サイズは700c、460サイズのみ650cとなっています。
レース用にはホイール径の大きな700cが必要かもしれませんが、
関係ない人にはまずサイズが合っている方が一番!

まだ結構お若いカップルかと思っていたのですが、
自分よりも少し年上なお二方で既にご結婚もなさっているのだそう。
ぜひこれからご夫婦でロードバイクを楽しんでもらいたいです。

ありがとうございました!

2015年4月21日火曜日

Re Paint

新たなEXTARPROTONが組まれました。
と言うのは冗談でこちらは3年ほど乗り続けたEXTARPROTONを
オーバーホールも兼ねてリペイントさせて頂きました。
タイトルでネタバレしてますね(汗)

未塗装だったカーボンステム&フォークもフレームと同色に。
これぞ、一体感、bespoke感。
ショップロゴもアクセントに入れて頂きありがとうございます!

今回のリペイントに合わせてリムにデカールも貼りました。
CHRISKING R45ハブに23mm幅、58mm高のカーボンリムを組み合わせたホイールは、
MOVEMENTの手組みホイール部門 "SAUCE WHEEL WORKS" により手組み致しました。

そして本日、新生EXTARPROTONのシェイクダウンとの事で、
私は朝からその様子を送ってくるライドテロにあっておりました・・・・
こんなに楽しそうな写真を送って頂けたらホントに自転車屋冥利に尽きます。
今回塗装を依頼したミルキーウェイさんも同じだと思います。
ありがとうございました!

2015年4月20日月曜日

長い1日、「白浜クリテリウム」

実業団登録チーム、SAUCE DEVELOPMENT。

和歌山県で行われる白浜クリテリウムに参加してきました。
朝6時半の開場にあわせて会場入り。

最初のスタートが10時過ぎからだったので、
ゆっくりと参加メンバーのバイクチェックからスタート。
本日のレーススケジュール1発目はE3カテゴリーから!

スタートに合わせてウォーミングアップを始めます。
スタート前に漂う緊張感。
実はあまり緊張していない僕ら。

E3には1組目に1名、2組目に2名が参加です。

2名とも走りのスタンスがハッキリしていて見ている方もワクワクさせられました!

超平坦ながらNOTUBESの340にCHRISKINGハブで組まれたホイールに
チューブレスタイヤをセットアップして走る三上選手。
追い風もあって簡単に50キロ以上出る平坦コースですが、
チューブレスの転がりの軽さとハブの回転性が効いているようで
ローハイトのホイールながらアタックを繰り出す積極的な走りを見せました。

対してロルフを使っていた倉田選手は終盤までゴール勝負で集団待機。
最後はスプリントで7番手まで行きましたが惜しかったですね。
それぞれやれる事を考えて実践して走ったのでレース後は良い雰囲気でした。

内容のある走りをしていれば、徐々に結果へと繋がっていくことでしょう!
午前中最初のレースに始まり、午後最後のレースはE2を走る自分の番!

今年はチームの士気も高いので、
「キャプテンらしい走りを見せてやらねば!」と思ってスタートラインに並びました。

15周回の中で3、6、9、12、15周目にポイントが付与されるポイントレース。
その際に上位3名に付与されるポイントを沢山得た人が優勝となります。

6周目のポイント周回で単独アタックがあったので、こちらも単独追走。
うまく追いついてそのまま3番手でポイントを獲得。

スプリントがかなり厳しかったので体力を消耗してしまいましたが、
後半まで回復に務め、最終周回にまたゴール勝負へ。
ポイントまでもうちょっとでしたが失速してしまい10番手ゴールで終えました。
(総合成績は13位/82人中)

向かい風、追い風ともに強かったコース。
Rolfprimaのホイールを使用していたおかげで、
苦手な風があまり苦にならず非常に助かりました!
実業団レース初参加のアワイーニ選手。
背中から漂う哀愁。

苦渋を舐めた経験は更なる励みへと繋がることでしょう。

朝から最終レースまでとっても長くて充実した1日でした。

* * *

そしてSAUCEのチームジャージも完成間近。

いよいよロードシーズンも熱が入ってきましたね。
今年は一味違うチーム活動を進めていきますので、
応援どうぞよろしくお願いします!

SAUCE DEVELOPMENT
高橋

2015年4月19日日曜日

Sauce Development

本日はシンゴ率いる実業団チーム”Sauce Development”が
「白浜クリテリウム」に出場しておりました。

ワタクシ1人での営業でバタバタしておりましたが、
あやしい天気にも関わらずご来店頂きましたお客様ありがとうございました。

さて、SNSではレースの様子UPされておりましたが楽しそうですね。
ジャージは前身のチーム「NFCC-COMPETITION」ですが、
新たなメンバーを加わえて「Sauce Development」として再スタートしました。

報告は明日聞こうと思います。

MOVEMENTは「Sauce Development」を応援します!

2015年4月16日木曜日

指無しグローブ

いよいよサイクリストが活発化してまいりました、
GWも間近でサイクリングの計画を立てている方も多いでしょう。

そんなワケで基本的な装備としてロングライドの手の疲れの軽減や
ケガ予防にグローブのご紹介をします。

まずは、ドイツの老舗グローブメーカーCHIBA、
今年もタイミング良く入荷しました。
こちら5色展開のグローブは新作のRIDEと言うモデルです。
ジャージや自転車とのコーディネートに如何でしょうか?


フィット感も良く程よいパッドでライディングの手の負担を軽減してくれるでしょう。
2700円(税別)とコストパフォーマンスも高いモデルです。

こちらも今年初入荷の GOOD TIME

厚めのパッド仕様した手に優しいモデルです。
長距離ライドや下からの振動が辛い方に如何でしょうか?
その名の通り良い時間を過ごせそうですね!


続きまして、キャリフォルニアのブランド「GIRO」
MOVEMENTの推しブランドです。

GIRO BRAVO GEL 4,200円(税別)


ゲルパッドと人間工学に基づいたGIROのスーパーフィットを搭載した万能グローブ。
誰がつけてもフィットする優等生なグローブです。

LTZ II 4,400円(税別)

ストイックなサイクリストはこちらLTZⅡが人気です。
軽量でパッド無しのダイレクト感、フィット感、プロ仕様のグローブです。

そろそろやれてきたグローブも買い換え時では?
他にもご用意しておりますのでライド前にご試着下さい。