2017年7月31日月曜日

TENTSAUNAPARTY× STOKED WORKE WEAR

彼らに出会わなければ6月に開催したbike2saunaの様な化学反応はおこらなかった。

サウナ好きが集まったWeb/映像/デザインを専門にするクリエイティブチーム"TENTSAUNAPARTY" である。
そんな彼らが、とうとうと言うか、待っていたと言うか、来る8月11日(日)から展覧会を行なうことが決定しました。

準備の様子がIGで伺えますが、なんだかワクワクしますね。


TENT SAUNA PARTYさん(@tentsaunaparty)がシェアした投稿 -

そこで今回、僕たちは展覧会に出品する"TENTSAUNAPARTY"のオリジナルキャップの製作のお手伝いをさせて頂きました。
ボディは、70~80年代のアメリカ大量生産のワークブランドをイメージし本格的なワークウェアとしての強靭さと国産に拘ったブランド"STOKED WORKE WEAR"

夏らしいホワイトデニムにTENTSAUNAPARTYのアイコンを刺繍しました。
ベースボールキャップとJETキャップ(5パネルキャプ)の2種類ご用意しております。
価格は"TENTSAUNAPARTY"の希望によってサウナにちなんで3,700円+税に設定させて頂きました。頑張りましたよ!

展覧会前で恐縮ですがMOVEMENTで先行販売させて頂いております。



サウナ後やライド後に、もちろんそれ以外に気軽に被って欲しいです。


〜 TentSaunaPartyExhibition 001 みちのはえる 〜
8月11日(日)〜9月3日(日)まで
綾部の「竹松うどん ギャラリーうどん屋の蔵」にて展覧会を行います。
イラストをはじめ、オリジナルのサウナハット、Tシャツ、その他新作のプロダクトなど多数展示の予定。
期間中はテントサウナ実演もやる予定ですのでそちらも是非。(詳細は追って連絡いたします。)
-----------
開催日時 : 2017年8月11日(日)〜9月3日(日)
場所 : 竹松うどん ギャラリーうどん屋の蔵
京都府綾部市志賀郷町儀市前13
0773-21-1665
営業時間11〜15時まで
定休日は7.8.9のつく日
(夏季休業8/30.31)

夏休みにお時間ございましたられば足を運んで頂きたいです!
うどんも超おいしいので是非!

2017年7月29日土曜日

ZIPP "454 NSW Carbon Clincher"

ムーブメントのブログで完組みのカーボンホイールを紹介する機会がどれだけあったかと聞かれると、GOKISOかロルフぐらいしか記憶にないので非常にレアな紹介です。
まだ実際に使っている人は見たことが無いので、レア度的にも"周りに差が付く"ホイールではないでしょうか。
ZIPP "454 NSW Carbon Clincher"

カーボンホイールを早い時代からレースシーンに投入し続けるZIPPの最新モデルです。
リムの形状は今までのオーソドックスな真円という概念に囚われず、「SawTooth」と呼ばれるウネウネとした形状のリムとなっています。

メーカーの話によればザトウクジラのヒレの形状を参考に、風洞実験やCFD解析、実走行テストを繰り返し、従来のエアロホイールでは不可能な最高のエアロダイナミクスを実現したそうです。

それでは紹介ムービーをどうぞ。

"Hyperfoil"
ABLC SawTooth™リムの各スポーク間に与えられたテクノロジー。いちいちオリジナル技術のネーミングがカッコいい。

リムに接触した空気の流れがリムからすぐに剥がれてしまうと、大きく強力な乱流が発生します。これにより「バフェッティング」と呼ばれる振動が発生すると、ホイールは非常に不安定な状態となり、スタビリティが大きく損なわれるだけでなく安定した巡航にも支障をきたします。これを解消するため、SawToothのノコギリ形状のリムとHexFinディンプルが、意図的にコントロールされた渦流を作り出し、より大きな安定性をもたらします。
"HexFin ABLC ディンプル"

ZIPPといえばゴルフボールのような丸いディンプル処理が代名詞でした。
この454NSWでは六角形のヘキサゴン形状のディンプルが新たに採用されました。これはこのモデルに最適化されたディンプル形状だそうです。

他の"ZIPPあるある"と言えばエアロダイナミクスを台無しにしかねないロゴのデカールでしたが、グラフィックを直接プリントする"ImPress"となりました。
カーボンの網目も綺麗ですね。
実際に箱から取り出して軽く回してみると、ホイールバランスもかなり良く仕上がっていることに驚きました。
他のカーボンホイールではリムの重量バランスが悪く、軽く回しただけで縦に揺れるのですが、それがほとんどありませんでした。
実測重量です。フロント680g (カタログ重量690g)
リア 830g (カタログ重量835g)

これは正直何が起こったのかわかりません・・・。通常であれば、カタログに書いてある重量から+10~30gほど重たいことがほとんどで、酷ければ50g以上の差があるものです。
前後ともカタログ値よりも軽いなんてことがあるとは思いもしませんでした。長らく自転車店に勤めていますがレアなケースすぎてビックリです。

ちなみに対抗馬はENVE SES3.4かなと思います。
重量的にはほぼ同じスペックです。
ですが、ENVEのリムハイトが35mm、45mmなのに対して454NSWは53~58mm。

SES4.5相当かそれ以上のエアロ性能を持ちながら、SES3.4と同等の軽量性があると・・・。
実のところ今回はSES3.4からの交換でした。
リム高がある分、同じ重量だったとしても外周部の重量は分散されています。
なので実際に乗ってみるとSES3.4より軽いな~と感じさせてくれる乗り味でした。
スペック重量で軽量性は犠牲にしていると評価されがちですが、実際に乗ってみればそこまで苦にするほどの重さはないなと感じる重量でした。

ホイールの重量バランス、空気を綺麗に流すエアロダイナミクス、最大幅27.8mmのスーパーワイドリム。どんなシチュエーションでもバイクコントロールが暴れにくい使いやすそうなホイールだなと感じました。
シクロワイアードでのインプレッションにもありましたが、「見た目に反して軽いフィーリング」、「キワモノのような見た目ですが、非常に扱いやすく気持ちよく走れるため、お財布の余裕があればレースだけでなく普段履きで使いたいと感じてしまいました。」というコメントに同意見でした。
* * *
ご注文ありがとうございました!
この方に続く勇者のような方は果たしてどれだけいるのか、、、気になってしまった方はご相談をお待ちしております。
ZIPP Speed Weaponry "454NSW Carbon Clincher"
リム高:53~58mm
ブレーキ幅:26.4mm
リム最大幅:27.8mm
重量:690g/835g
シマノ/カンパ10-11S対応
付属品:ホイールバッグ、チタンクイックリリース、バルブエクステンダー、ブレーキシュー、チューブ700c x 20-28mm、
リムフラップ700c x 20mm、

フロント:238,600円+税
リア:290,500円+税 (シマノ/スラム11s、カンパ11s)
(ペア:529,100円+税)

2017年7月28日金曜日

OAKLEY "Frogskins" 新色

OAKLEYのライフスタイルサングラスの定番モデル「フロッグスキン」から新色が発売されています。
OAKLEY "Frogskins" Eclipse Collection (Asia Fit)
Frame:Eclipse Blue
Lens:Sapphire Iridium
19,000円+税 
 完全なクリアフレームではなく、カラーとマットブラックを上手く組み合わせて良い感じの雰囲気に仕上がっています。
ちなみにカタログや写真だけでは分からない部分ですが、アームの開閉がパチっと気持ちよくできるようになりました。
今まではアームがプラプラしていたので使いやすさが良くなったことに加え、ちょっとだけ高級感も増したように感じました。

WEBSHOPは後日反映します。
すぐに欲しいという方は店頭までダッシュでどうそ!是非ご試着して確かめてみて下さい。

2017年7月24日月曜日

関西トラックフェスタに参加してきました。

昨日は関西トラックフェスタに参加してきました。

恥ずかしながら自転車屋をしていてバンクを走った事が無いというのもあり、バンクってどんな感じだろ?と軽い気持ちでエントリーしたのですが、街乗り仕様のピストをトラック仕様にカスタムするにつれ、だんだん緊張してきて前日の夜は地元の路地でRed Hook Critみたいなレースを走っている夢を見るぐらい変な感じになってました。(笑)
当日は曇りで過ごしやすく、同じ敷地内でCycle Party 2017も開催されていて、ちょっとしたお祭りみたいでした。
今までの不安はなんだったんだと言うぐらいとても良い雰囲気、みんな最初は緊張や不安があると思うけど僕の経験上だいたい懐に飛び込んだら結果楽しい。

裏側を見に来るだけでも価値ありますよ。ワクワク。

レース前の試走が初バンクだったのですが、少しビビりましたが1周するとリラックスして何とも言えない爽快感を感じました。
普段ストレスだらけの道路でしか遊べない中、信号も車も無いバンクで、ましてや乗ってる自転車はノーブレ。
これって開放感なんですかね。

で、レースはと言うと僕は初参加なんでT3と言う1番下のカテゴリーでスクラッチと言う競技にエントリーしました。
エントリーリストをみると出走が4人だったのでワンチャン表彰台と思いきやTM(45歳以上)の方々と混戦で6位/7名と言う結果に終わりました。(涙)
662のボスのご子息と勝負だと、おっさんの意地で前を走りましたが最後ピャーッと抜かれちゃいました。彼が前でもきっと千切れてたわ。

僕の誘いに引っかかったプレステージ上勝のチームメイト、コメさんもCORNERBIKEで参戦!
ギア比をミスっちゃったみたいですがコレも経験で面白い。

もう1組引っかかったのがピスト大好きなフォグ君とラシオ君。
見に来るだけだったんですが、500円でバンク体験イベントがあったので、しっかり指導を受けた後バンク体験を楽しんでました。
自慢の愛車をかっ飛ばせるって気持ちいいよね!

レース後は、観戦しつつCycle Partyを楽しみ、せっかくなんでと競輪もしたのですがこれが結構盛り上がっちゃって危なかったです。汗


関西トラックフェスタ、エントリー費も安いし(2000円で2種目出れる)オススメです。
完成車でもいいし、せっかく組んだバッチバチのピスト、思いっきりバンクで走ってみませんか?
絶対楽しいから!

2017年7月22日土曜日

臨時休業のお知らせ

明日7/23(日)は関西トラックフェスタ at 岸和田に参加のため臨時休業となります。
ご不便をおかけしますがよろしくお願い致します。

お暇な方は是非会場へ!

SAUCE "Triton" Yellow

嬉しいことに、また1台のトリトンが旅立っていきました。(遅くなってスイマセン!)

初のイエローでした。
もし黄色のトリトンを組み上げるならこんな感じでまとめたいな、っていう願望があったんですがかなり理想に近い雰囲気で仕上げてくれました。
SAUCE "Triton" XSサイズ / YELLOW / Wired仕様

溶接が綺麗なおかげなのか「カーボンですか?」、
はたまたSevenのフォークを見て「チタンですか?」なんて質問を受けたりしますが
Tritonはスチール(クロモリ)のロードレーサーです。

いわゆる"ラグメッキ"で"ホリゾンタル"なクロモリフレームとは少し違う
モダンなスチールレーサーに仕上がっています。

レーサーだから乗り味は硬め?答えはNo。
長い時間のライディングでも疲れが残りにくいクロモリらしさを十分に活かしたフレームです。
クロモリフレームとしてはかなり軽い部類に仕上がっているフレームなので、
多くの人から「クロモリフレームのイメージが変わった」と声が挙がってきています。


CHRISKINGのヘッドセットはBLACKの"SOTTO VOCE"。
現代はテーパーヘッドが主流になりましたが、クロモリの場合は1-1/8インチで十分な安定感があります。
太くするほど重量増というデメリットもあるため、トリトンはオーバーサイズで収めています。
サイズに関わらず、バイクの安定感はフォーク性能にかかってきます。

カスタムでチタンフレームを作っている「Seven Cycle」が自分達のフレーム用に製造しているカーボンフォークを分けてもらい、サイズ毎にオフセットの異なるフォークを採用して最適化されたジオメトリーを実現できています。
※XSサイズのみシートクランプではなくシートピンタイプとなっています。
最後に「黄色」についてのちいさなこだわり。

黄色って難しいなとよく思います。トリトンのイエローはマスタードイエローに近いですが、詳しく言うとキャメルイエロー。
今の時代で言ったらルノーのF1がイメージに近いかも。

各カラー、スポーツカーやレーシングカーがモチーフなので”オンロード”が良く似合うと思います。
日本中に張り巡らされたオンロードを気持ちよく泳ぎ回ってもらえたらいいなと想いを馳せています。
BLUE
GREEN
RED
GRAY

and PINK,ORANGE.
SAUCE "Triton" XSサイズ / YELLOW / Wired仕様
Frameset 270,000円(税込)
(フレーム、seven 5eフォーク、CHRISKINGヘッドセット付き)
built by K.Hashiguchi (from EXTARPROTON)
size:XS,S,M,L,XL
7-Colors
オプション:Di2,eTap他

official web【SAUCE CYCLE

2017年7月18日火曜日

FUJI "Ballad R" クロモリロードバイク

こんにちは、高橋です。
お待ち頂いている作業をこなす日々を送っていますが、ふと最近のブログを振り返ってみると「初心者向けの車体を紹介していない!」という事実に気づきました。
スポーツバイク初めての方からディープな玄人まで楽しんでもらえるお店でありたいと思っています。
ということで本日は"10万円以下で買えるロードバイク"の中で人気の1台をご紹介です。

FUJI "Ballad R" (Dark Silver) 
Size:XS(49cm) ※推奨身長160~170cm
85,000円+税

FUJIが誇るアーバンクロモリバイクの決定版バラッド。ドロップハンドル仕様のクラシカルでノスタルジックな佇まいは、ヴィンテージと見紛うほどの重厚感があります。
シマノCLARISをWレバーで駆動させ、オールドテイストながらキビキビとしたスポーツ走行をこなすところがポイントです。
サイズはXXS~XLまで6サイズ展開で、女性にもちょうど良いサイズの選択が可能となっています。 
ヴィンテージバイクと同じく細身の"スレッドステム"。 
変速はケーブルがスッキリと収まり、トラブルの少ない"ダブルレバー"タイプ。

もしハンドルから手を離さず変速したいという方にはこんなカスタムも可能です。 
ホイールはシルバーポリッシュ仕上げが美しく、タイヤはクラシックカーの雰囲気を彷彿とさせるホワイトサイドのタイヤです。 
自転車の顔とも言われるクランクはSUGINO(スギノ)のシルバークランクが入ります。

Ballad R (Navy)

店頭には先のDark SilverとこのNavyの2台の在庫がございます。

・FUJI Ballad R (Dark Silver) サイズ:XS-49cm 適応身長160~170cm
・FUJI Ballad R (Navy) サイズ:XXS-43cm 適応身長155~163cm

既にどちらのカラーもメーカー在庫が無くなっているので探している方がいるかと思います。
そして8/31までこちらの2台を夏休み応援価格にて販売中です。この機会に是非!

2017年7月17日月曜日

OAKLEY "LATCH" ヴァレンティーノロッシ

24,000円+税

7月も半ばになり、いよいよ日差しも厳しくなってきました。と言ってもまだ梅雨明けの報告は聞いていないような?

目から感じる暑さはかなりあるそうで、眩しい日にはサングラスをつけるだけで暑さを多少緩和することができます。日本人の目は日差しに強いと言われていますが、近年の紫外線量はそうも言ってられなそうです。
Oakleyさん(@oakley)がシェアした投稿 -
今回ご紹介の「ラッチ」はオートバイのロードレース界のチャンピオンである「ヴァレンティーノ・ロッシ」のシグネイチャーモデルです。
こちらは浪速のロッシです。嘘です。

ラッチの着用イメージです。

LATCHの特徴といえば"クリップ"でシャツやポケットを挟んで掴めるところです。


どうでしょう。わかりましたか?

サングラスを使っていない時に落としてしまうことが多いこと。そんな悲しい出来事を減らしてくれるサングラスです。ホールド力は思っているより強いので簡単には落ちません。

マットブラックのフレームに、ロッシのイメージカラーのイエローが挿し色に。
レンズにはValentino Rossi 46のマーキングも入っており、付属のポーチも特別なデザインのものになっています。

ファンの方もそうでない方も是非!
また紹介する予定ですが、PRIZMレンズタイプのLATCHも入荷しています。店頭にてぜひご試着下さい。